« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

調布花火大会2007

今日は調布花火大会を観にいってきた。毎年7月の下旬に開催しているが、今年は参議院選挙と重なったために9月の開催となった。今日は気温も低く小雨がぱらつく天気だったので河原の夜は寒かった。

Img_2230_2
昼間の多摩川。写真の正面に花火が上がる。
毎年カミサンの姉妹家族10数名で花火の前に大宴会で盛り上がるのだが、今年は天気も良くなく、寒かったので7名の参加でちょっと寂しかった。

Img_2231_2
寒かったので豚汁を作った。

「Hanabi.WAV」をダウンロード
上をクリックすると迫力ある花火の音が聴けます。


予算が無かったのか、今年は名物尺玉百連発が無かったのでイマイチ盛り上がりに欠けた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

還暦祝い

Img_2229a 今日は職場の近くの居酒屋で07年上期の打ち上げがあった。

その席で職場の皆から思いがけなく還暦祝いにPOLOの真っ赤なベストをいただいた。

定年の翌日から同じ職場で同じ仕事をしているので、全然実感が湧かないがこれからも健康に留意して元気に働きたいと思うこの頃である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

歌碑~思い出のアルバム

Img_2173_2 幼児版・蛍の光「思い出のアルバム」

 東京都調布市、京王線つつじヶ丘駅から歩いて3分のところにある常楽院。小さなたたずまいの寺の正面に、作曲家・本多鉄麿(1905~66)をしのぶ歌碑がある。

   ”いつのことだか おもいだしてごらん・・・・”

 3月になると幼稚園や保育園で「思い出のアルバム」を歌う園児の歌声が聞こえてくる。

 保育界のなかの生活の歌のひとつにすぎなかった曲が、82年にNHK「みんなのうた」で紹介され全国的に広まった。今や卒園式に必ず歌われる幼児版「蛍の光」ともいえる歌となっている。

 この曲は、保育園長・増田としの作詞、幼稚園長・本多鉄麿の作曲で、61年5月に公刊された。本多鉄麿は、51年に神代幼稚園を設立して初代園長となり、60年からは父親の後を継いで常楽院住職となった。66年、ぜんそく発作のため61歳で死去。童謡や幼児向けオペレッタなど、残した曲は2000曲を超える。この歌碑は没後30年を機に96年に建てられた。(以下略)   

                         2001年1月発行「はーもにー 115号」より

.

 合唱連盟の機関紙「ハーモニー」に”歌のふるさと~歌碑をたずねて”というページがあり、私の投稿が掲載されたものである。起稿の際、常楽院の現住職さんにお会いし、いろいろお話を伺い掲載の承諾をいただいた。

 取材当時はまだお寺の隣に神代幼稚園があったが、少子化傾向の昨今現在は廃園となって跡地は駐車場となってしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

グリークラブOB交歓会

Img_2199 昨日は大学時代所属していたグリークラブ(男声合唱団)の大学創立100周年記念OB交歓会に行ってきた。昭和34年卒から今年卒業までのOB35名と現役17名の総勢52名の参加。歌いまくりで大いに盛り上がったパーティーだった。卒業以来の再会の先輩や私の同期も4名が参加。

.

Scan10007 昭和42年第10回定期演奏会の写真

.

Scan10006 昭和44年第12回定期演奏会の写真(ソロは私)

グリークラブは昭和24年創立。今年で58年目を迎える大学のクラブでも一番歴史のあるクラブであり最盛期には80名の大所帯だっただったが、その後毎年部員数が減少し10年程前に4年の部員一人になり消滅の寸前だったが、「グリークラブの灯を消すな!」とOBが立ち上がった。なんとか一年生数名を確保し廃部の危機をまぬがれた。現在は女子部員を含め19名の混声合唱団として復活した。もう少し団員を増やしてまた定期演奏会を開催してほしいと思う。

.

Img_2196 大学本館の教室での交歓会の様子

皆歌うことに夢中で折角の料理もたくさん余ってしまった。

.

その後カラオケで二次会へ

「alma_mater.WAV」をダウンロード 

クラブソングの「Alma Mater」上をクリックすると歌声が聴けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

還暦そして定年

昨日は誕生日だった、とうとう還暦。今日で定年を迎えてしまった。まだまだ若いつもりでいたので、他人事のようで実感が湧かない。

一昨日は以前所属していた合唱団の仲間のF氏が曼谷から一時帰国するから還暦を祝ってくれるというので、以前合唱団の練習の後毎週必ず飲みに行っていた、恵比寿の「さいき」に数年ぶりに行ってきた。F氏とは合唱団創立当時からの30年以上の付き合いになる。2年振りの再会であった。

昨日は会社の後輩のまこ君とsayuriさんがお祝いしてくれた。

Img_2158 新宿の居酒屋祝杯を飲み干す。

.

Img_2160a 赤いチャンチャンコの変わりに赤いお花とケーキ。

.

Img_2168 さらに切子の ペアワイングラスのプレゼントまで頂いて感激。冷酒を飲むのにもちょうどよい大きさだ。大切に使わせていただこう。

.

Img_2170 まこくん、sayuriさんありがとうございました。

.

今日で満期がきてしまった。明日からは再雇用で変らず出勤する。職場も仕事も変らず、変るのは給料が大幅にダウンすることだけだ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年9月17日 (月)

豆腐屋うかい

今日は母の七回忌。朝早く家を出て、八王子からバスで40分程の上川霊園へ10時過ぎに到着。2、3日前の天気予報では雨模様だったのでお天気が心配だったが、今日は快晴のお天気で良かったけれど、9月半ば過ぎとは思えない猛暑で、炎天下で汗びっしょりになってお墓の掃除を済ませ、12時から住職を迎えて妹家族と法要。その後八王子の豆腐屋うかいで会食。

Img_2155 豆腐屋うかいの入り口。

.

Img_2153 .

Img_2147 ごま豆腐。

.

Img_2148 まいたけのてんぷらと焼き栗。

.

Img_2150 じゅんさいの入った冷たい昆布だしの冷奴。

.

Img_2145 .

Img_2154

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

Life 天国で君に逢えたら

Life 映画「Life 天国で君に逢えたら」を観てきた。ガンに侵され若くして妻と子供4人を残して逝ってしまったプロ・ウインドサーファー飯島夏樹の実話。死を目前にした夫婦愛、家族愛に涙を堪えることが出来ませんでした。余命宣告を受けて最期までガンと闘った本人、妻、子供達の心境がよく表現されていた。夏樹役の大沢たかおの笑顔が、観る人に悲しく暗くなく、清清しい勇気と感動を与える映画となっていた。長女小夏役の川島海荷の名演、桑田佳祐の歌(詩)も素晴らしかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

あれから6年

2001年9月11日(火)会社の帰りに母の入院している病院に寄ってから帰宅したらテレビではニューヨークのワールド・トレード・センター(世界貿易センタービル)に旅客機が激突し炎上しているニュースを放映していた。いったい何があったのだろうと、テレビに見入っていたところ炎上しているビルに突然飛行機が飛んできてビルに突っ込んだ。飛行機がビルに激突するところをリアルタイムに見てしまった。その後ビルが崩壊するところまでテレビに釘付けになっていた。まるで映画のシーンを観ているようで、これが今現実に起こっていることとは信じがたい光景だった。いまだについ最近の出来事のように脳裏に焼きついているショッキングな事件だ。今日であれからもう6年も経ったなんて信じがたい。母は19日後の9月30日に他界した。早いもので来週は母の七回忌の法要である。

去年の8月に映画「ユナイテッド93」を観た。6年前の今日4機がハイジャックされた。ボストン発の2機は世界貿易センターに、ワシントン発の1機は国防総省ペンタゴン本庁舎に激突。最後の1機ニューヨーク発のユナイテッド航空93便が離陸してハイジャックされ墜落するまでの1時間20分の機内の状況を映画化したものだ。10月には映画「ワールド・トレード・センター」を観た。この映画は崩壊したビルの瓦礫に生き埋めになった人を命がけで救助する救助隊と家族の愛にスポットをあてたものだ。この2作の映画を観て、この事件の大きさと、テロがいかに卑劣で残忍なものかを改めて感じた。

日本でも、残忍な殺人事件、病院のたらい回し、社会保険庁の横領等など、毎日嫌なニュースばかり。世の中便利になった反面「こころ」が病んでしまったような気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 1日 (土)

喜多見界隈

今年の夏は記録的な猛暑の連続であったが、9月に入り朝晩涼しくなり、秋の気配を感じるようになった。今日は住まいの近くの喜多見界隈を散策し、晩夏と初秋を肌で感じてきた。

Img_2133

小田急線と野川が交差するあたりに小田急線喜多見電車基地がある。電車の車庫の屋上が「きたみふれあい広場」という公園になっているが、屋上とは思えないほど大きな木や花壇、芝生がある広大な公園となっている。今日行ってみたら、コスモスが咲いていた。

Img_2130_4 Img_2131_4                                                                    野川を下って小田急線、世田谷通りを過ぎてしばらく行くと、次大夫堀公園がある。公園の中に民家園があり、古い茅葺の民家が復元されてある。

.

Img_2129 Img_2123公園では「つくつくほうし」が鳴いていた

.

「THUKUTHUKU.WAV」をダウンロード

.

Img_2119 Img_2118

.

.

Img_2105 Img_2104

慶元寺参道

.

Img_2106 慶元寺本堂

.

Img_2108 三重塔

.

Img_2109 慶元寺のすぐ近くの氷川神社

.

Img_2112 氷川神社参道

参道で「ひぐらし」が鳴いていた。「HIGURASHI.WAV」をダウンロード 

.

Img_2110 氷川神社本堂

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »