« エディット・ピアフ~愛の讃歌 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(2) »

2007年10月16日 (火)

春の小川

Img_2296 小田急線の代々木八幡と参宮橋の間の線路際に「春の小川」の歌碑がある。この場所にはかつて清らかな小川が流れ、黄色の”こうほね”が咲いていたことから河骨川と呼ばれていた。春には「すれれ」や「れんげ」が咲いていた風景を近くに住んでいた国文学者の高野辰之氏が作詩し、大正元年に発表した。岡野貞一氏が作曲した「春の小川」は小学唱歌となり今でも広く愛称されている。高野辰之と岡野貞一のコンビの代表作に「春が来た」「紅葉」「故郷」「朧月夜」などの唱歌がある。

|

« エディット・ピアフ~愛の讃歌 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/16781543

この記事へのトラックバック一覧です: 春の小川:

« エディット・ピアフ~愛の讃歌 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる(2) »