« 昭和の鉄道模型をつくる(3) | トップページ | 神田界隈 »

2007年11月29日 (木)

昭和の鉄道模型をつくる(4)

Img_2454 第19巻は喫茶店。白壁にこげ茶色の柱と筋交いの北欧風のお店は一昔前はよく見かけられた。今でも銀座の古い喫茶店でこのような建物があった気がする。

.

Img_2456 一見洒落ているが裏側はモルタル壁。柱、筋交いも実は壁に板を貼り付けただけのものである。一階のガラス窓の所まで真柱が通っていないのを見ればただの飾り物であることが解る。

.

Img_2462 屋根をはずして店の内部を見るとテーブル席、カウンター、4脚の丸椅子、カウンター内の棚、シンク、レジ台など細かい所まで良く出来ている。カウンター上にはグラス、棚にはコーヒーカップまでちゃんとある。

.

Img_2463 実際は外からは内部の様子は暗くて見えないのだが、屋根をはずして上から光を当てて撮ったら夜の雰囲気で窓越しに中の様子がうかがえる。

|

« 昭和の鉄道模型をつくる(3) | トップページ | 神田界隈 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/17230216

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の鉄道模型をつくる(4):

« 昭和の鉄道模型をつくる(3) | トップページ | 神田界隈 »