« 歌碑「箱根八里」 | トップページ | 紅葉狩り »

2007年11月18日 (日)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

Photo 今日は映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきた。前作にも増してVFX技術により、昭和34年当時の風景を再現して、懐かしい「昭和」にタイムスリップしてきた。首都高速道路がまだ無い日本橋、東京国際空港だった頃の羽田空港、東海道新幹線が開通前は東京、大阪間をボンネット型の特急「こだま号」が走っていた。小学校の頃の給食はアルミ製の器にコッペパン、脱脂粉乳、鯨の竜田揚げが定番だった。ハンドクリームの「ももの花」、16ミリ映写機、ネジで回るセルロイドのメリーゴーランド、当時を思い出す懐かしいものばかり。物語は前作の続きで茶川がひろみへの想いから作家として真剣に執筆に専念する。芥川賞の最終選考に残ったが・・・ひろみとの生活は実現できたのか・・・。最後はやはり人の暖かい情にほろっとさせられ、自然と涙が溢れて来てしまった。

|

« 歌碑「箱根八里」 | トップページ | 紅葉狩り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私前作は見ました(*^-^*)
とても心温まるぉ話ですよね♪

明日宜しく御願い致します。

投稿: sayuri | 2007年11月22日 (木) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/17110307

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続・三丁目の夕日:

» 三丁目の夕日の昭和ロマン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [三丁目の夕日の昭和ロマン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」と昭和ロマン「ALWAYS 三丁目の夕日」シニアの生き方、そんなことを考えているときこの映画に出会いました。三丁目の夕日、第1作を一人で2時間DVDを見てすぐ続編も見たくなり、封切間もない続編を次の日映画館で見たのです。...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 23時31分

« 歌碑「箱根八里」 | トップページ | 紅葉狩り »