« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

神田界隈

Img_2466 今日は所要で御茶ノ水まで行ったので、近くにあるカトリック神田教会へ行ってきた。1874年に創建された日本でも歴史の古い教会で、写真の聖堂は1928年に建てられ、内部はステンドグラスがとても綺麗な厳かな聖堂である。2001年に文化庁の有形文化財に登録された。

.

Img_2465

教会の真向かいに千代田区景観まちづくり重要物件に指定されている神田猿楽町町会詰所がある。この建物は、TVドラマや映画などで交番として使われることが多く、昔は交番だったらしい。

.

Img_2469 神保町の交差点の一角にはクリスマスツリーとトナカイのイルミネーションがあり、巷ではクリスマスモード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

昭和の鉄道模型をつくる(4)

Img_2454 第19巻は喫茶店。白壁にこげ茶色の柱と筋交いの北欧風のお店は一昔前はよく見かけられた。今でも銀座の古い喫茶店でこのような建物があった気がする。

.

Img_2456 一見洒落ているが裏側はモルタル壁。柱、筋交いも実は壁に板を貼り付けただけのものである。一階のガラス窓の所まで真柱が通っていないのを見ればただの飾り物であることが解る。

.

Img_2462 屋根をはずして店の内部を見るとテーブル席、カウンター、4脚の丸椅子、カウンター内の棚、シンク、レジ台など細かい所まで良く出来ている。カウンター上にはグラス、棚にはコーヒーカップまでちゃんとある。

.

Img_2463 実際は外からは内部の様子は暗くて見えないのだが、屋根をはずして上から光を当てて撮ったら夜の雰囲気で窓越しに中の様子がうかがえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

昭和の鉄道模型をつくる(3)

Img_2448 14、15巻トンネル、16巻バス車庫、17巻タクシー営業所、18巻BAR & 寿司屋 のパーツをレイアウトした。

.

Img_2443 BAR & 寿司屋の正面側から見たところ。

.

Img_2362 16巻付属のバス車庫。

.

Img_2357 外壁にタイヤ、車庫の中の事務所の扉、窓など見えない部分もリアルに出来ている。

.

Img_2358 車庫内の左奥にもタイヤ、手前の内壁の棚と小物。筋交。

.

Img_2433 17巻付属のタクシー営業所。

外壁の電気メーター、換気フード、植え込み、ドラム缶。

.

Img_2442 内部の左側にベンチ、右奥の棚の小物とタイヤ。

.

Img_2430 裏側の植え込み、プロパンガスボンベ。

.

Img_2436 18巻付属のBAR & 寿司屋。

変圧器の付いた電柱、街灯寿司屋の出前持ちに自転車、外壁の換気扇のフードなど細かいところもよく出来ている。

.

Img_2438

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

紅葉狩り

Img_2423_2 今日は吉祥寺の湯葉と豆腐料理のお店梅の花 で、会社のS君とAさんの婚約のお祝いの会食をしてきた。

帰りに散歩がてら井の頭公園に行ってきた。ここは毎年桜の咲く頃は花見客で賑わう桜の名所として有名だ。今週は朝晩の冷え込みが厳しく今日は快晴の青空に紅葉が映えてとてもきれいだった。写真はあまりきれいに撮れていないが、実際は太陽の光に当たって赤、黄、緑のコントラストがとてもきれいだった。

.

Img_2420

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

Photo 今日は映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきた。前作にも増してVFX技術により、昭和34年当時の風景を再現して、懐かしい「昭和」にタイムスリップしてきた。首都高速道路がまだ無い日本橋、東京国際空港だった頃の羽田空港、東海道新幹線が開通前は東京、大阪間をボンネット型の特急「こだま号」が走っていた。小学校の頃の給食はアルミ製の器にコッペパン、脱脂粉乳、鯨の竜田揚げが定番だった。ハンドクリームの「ももの花」、16ミリ映写機、ネジで回るセルロイドのメリーゴーランド、当時を思い出す懐かしいものばかり。物語は前作の続きで茶川がひろみへの想いから作家として真剣に執筆に専念する。芥川賞の最終選考に残ったが・・・ひろみとの生活は実現できたのか・・・。最後はやはり人の暖かい情にほろっとさせられ、自然と涙が溢れて来てしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月16日 (金)

歌碑「箱根八里」

Img_2404 箱根の関所跡の駐車場の前に箱根八里歌碑がある。滝廉太郎作曲、鳥居忱(まこと)作詩。中学校唱歌にもなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

パパといっしょ

Scan10021銀座東武ホテルで 高校時代の同期会があった。前回から9年振り、還暦での再会。戦後のベビーブームで1クラス50数名9クラス、同期の人数500名弱のうち元気な80数名が集まったが数名の悲しいお知らせもあった。

「パパといっしょ」は、2年の時の仲良しグループだったふようさんが書いた童話。若くして癌で亡くなったプロウインドサーファーの飯島夏樹さんはふようさんの実の甥とのこと。映画「Life 天国で君に逢えたら」を最近観ばかりだったので、この童話を読んでふようさんの想いがよく伝わってきた。

俳優の松山省次君や芥川賞作家の高橋三千綱君も参加し大いに盛り上がった。

Img_2383

Img_2382 

三年後の再会を約束して会はお開きになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

三鷹の森ジブリ美術館

Img_2338_2 今日は三島の姪夫婦が三鷹の森ジブリ美術館に行くというので一緒に行ってきた。

我が家から近くだけど、今日初めて行ってきた。

.

Img_2339 Img_2340.

メルヘン調で 建物も凝っている。建物の中は撮影禁止なので写真は撮れなかったが、大人も結構楽しめた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

東京農大収穫祭

Img_2334 今日は東京農大の収穫祭に行ってきた。

.

Img_2335 馬事公苑近くの東京農大「食と農」の博物館に展示してある東京農大醸造科出身の酒蔵の日本酒。

.

Img_2355 東京農大製造のジャム。とても美味しいので、行ったときはいつも買って来る。マーマレード、いちご、ブルーベリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

象の背中

Photo 今日は映画「象の背中」を観てきた。

象は、自らの死期を察知した時、群れから離れ、死に場所を探すという。

誰にも死ぬ姿を見せることなく孤独のまま姿を消す習性を持っている。あまりにも寂しすぎる。私は愛する者達に看取られながら安らかに最期を迎えたい。

40代後半で建設会社の部長、幸せな家庭と何不自由なく暮らしてきたが、突然医者から末期癌で余命半年を宣告される。延命治療を断り残された命をどう生きるか、どう死ぬかということをテーマにしている。死を目前にした本人と見送る妻、子供達、実兄、それぞれの愛、苦悩に熱いものがこみあげてきて涙が止まらなかった。最近観た「Life 天国で君に逢えたら」も癌で余命宣告されたプロウインドサーファーの映画だった。自分もいつその立場になるかわからない。もしその時はどうするだろう。残された時間をどのように生きるのか、どう死んでいくか、今は想像できない。私は父親を30年前に、母親を6年前に見送ったので見送る側の気持ちは理解できる。見送られる時はどんな想いなのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »