« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

昭和の鉄道模型をつくる(17)

Img_2901 第31巻は赤いレンガ造りの郵便局。

正面右側には丸型の郵便ポスト、左側には消火栓表示柱。

.

Img_2898 パーツ。上段は外壁4枚。下段は床板、屋根、消火栓表示柱、ポスト。

.

1 片瀬郵便局

昭和5年建築。大正末期から昭和初期の建築様式で外壁は石造り2階建。2年前に移転された。

正面上に〒のマーク。郵便局の「〒」マークは郵便制度が発足当時、逓信省管轄だったことから、頭文字の「テ」から考案されたマークとのことだ。

.

2 「局便郵瀬片」がいかにも歴史を感じる。

.

3_2

昭和レトロの街青梅には、現在も丸い赤いポストがいたる所に設置されてある。

.

2_2 .

.

.

.

.

Img_2907 パネルボードにレイアウトして完成。

.

Img_2909

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

岡田知之打楽器合奏団 定期演奏会2008

2008_4 マリンバ奏者の姪が所属している「岡田知之打楽器合奏団」の定期演奏会が3月20日(木・祝)セシオン杉並で開催されますので、ご案内します。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

岡田知之打楽器合奏団 定期演奏会2008
〔開催日〕2008年3月20日(木・祝) / 16:30開場 17:00開演
〔会場〕セシオン杉並 / 東京メトロ丸の内線東高円寺駅徒歩5分新高円寺駅徒歩7分
〔入場料〕一般¥3,000(当日¥3,500) 学生¥2,500(当日¥3,000)
〔演奏曲目〕・KU-KA-ILIMOKU/Christopher Rouse
・樹魂より/坪能克裕
・日本のうた'92/平田英夫
・hard_ambient/西原大樹
・MUSIQUE DE TABLES/Thierry DE MEY
・Candencia para Berimbau/Ney Rosauro
・Blue tango/Ruud Wiener
・犬夜叉 打楽連歌/和田薫 編曲:藤田崇文
〔演奏者〕石井喜久子・小田もゆる・小野正満・佐伯正彦・鈴木和徳・平直美・田中綾・坪根剛介・中村祐子・林啓太・平野有希子・福田ゆりか・古屋摂子・堀正明
〔音楽監督〕岡田知之
〔照明〕有働英章
〔協賛〕(株)コマキ楽器、ジャパンパーカッションセンター、ヤマハ(株)、野中貿易(株)、Bluemallet、(株)こおろぎ社
〔後援〕日本打楽器協会、PAS Japan(国際芸術打楽器協会日本支部)
〔チケット取り扱い〕チケットぴあ 0570-02-9999
〔問い合わせ〕岡田音楽事務所 03-3425-7243 info@okadaongaku.com

.

演奏者プロフィール等チラシの詳細は下記でご覧いただけます。

「File-2.PDF」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

昭和の鉄道模型をつくる(16)

Img_2889

第30巻は書店だ。

靖国通りを神保町から九段方面に行くと古本屋街。今でもこのような建物の古本屋が立ち並んでいる。今は靖国通り沿いも様変わりしてしまったが、この一角だけは昔の面影を残している。私が通っていた大学が神田だったのでよく楽譜や音楽書専門の古賀書店など、古本屋街にはよく行った。

.

Img_0741 小金井公園の江戸東京博物館にある三省堂の建物。

.

Img_2885 今回のパーツ。前回と同じく外壁4枚と床板、屋根と街灯のみ。

下にある青いものはリレーラだ。レールに車両をスムーズに乗せる補助ツールで、今号に付属していた。

.

Img_2896 パネルボードにレイアウトして完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

昭和の鉄道模型をつくる(15)

Img_2878 第29巻は写真館。私が子供の頃は写真館で、七五三、入学式、卒業式、成人式、お見合い写真などの人生節目の記念写真を撮影してもらった。当時はもちろん白黒写真で、写真館には大きな写真機があり黒い布を被りフラッシュを焚いて写真を撮った。フラッシュを焚くと白煙が出た。写真屋さんには暗室があってそこで現像をしていた。

.

Img_2266 昭和レトロの街青梅の「スミレ写真館」 店のショーウィンドーには七五三やお見合い写真のサンプルが額に入れて飾ってある。

.

Img_2877 今回のパーツ。今回も外壁4枚と床板、屋根、正面の日除けテント、街灯の8点のみで、組み立ては5分位で゛完成した。最近は簡単すぎて物足りない。

.

Img_2884 パネルボードにレイアウトして完成。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

青春とはなんだ

Photo 横浜のみなとみらい線の日本大通り駅の上にあるビルに放送ライブラリーがあり、昔の懐かしいTV映像を見ることができるので、行ってきた。私が高校生の頃の昭和40年に青春ドラマシリーズ第一作としてNTV(日本テレビ)が青春とはなんだを放送した。ラグビーを通じて不良生徒とのふれあいを描いたドラマで、夏木陽介、岡田可愛などが出演している。寂れた田舎の高校という設定で、当時東京都内で、木造のボロ校舎がある私の母校が撮影現場になり、毎日曜日にロケが行われていた。その懐かしい映像を観てきた。当時「ホイホイミュージックスクール」というタレントスカウト番組からデビューしたばかりの布施明が主題歌を歌っていた。昭和41年からは「青春とはなんだ」の後の第二作としてサッカー版のこれが青春だが人気番組となった。当時デビューしたばかりの新人竜雷太が先生役で出演している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

Mako君&Sayuriさんの結婚式

Img_2870_2 今日は会社の後輩のまこ君とさゆりさんの結婚式があり所沢の「CELES TOKOROZAWA」まで行ってきた。

.

Img_2814_3 新郎は私と同じ部署でよく一緒に飲みに行く飲み友達、新婦は本社勤務の社内結婚。弦楽器と聖歌隊は生演奏で厳かな教会式でとても感動的な式だった。

.

Img_2820a ケーキ入刀。さゆりさんの好きな苺をあしらったシンプルなウエディングケーキ。

.

Img_2822 今日の感動をいつまでも忘れず、幸せな家庭を築いてください。おめでとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

芝界隈

Img_2787 今日は人間ドックの検診で芝公園まで行った帰りに、目前に快晴の青空に東京タワーが・・・・・東京タワーといえば映画「ALWAYS三丁目の夕日」を思い出す。東京タワーが完成したのは1958年(昭和33年)、私が小学5年生の時だった。当時はパリのエッフェル塔の324mを9m抜いて333mの世界一となり展望台に登るエレベーターには長蛇の列ができた。東京タワーが出来てから50年の今年墨田区に第二東京タワー(新東京タワー)の建設が始まる。2011年の地上デジタル放送全面移行の年に完成予定だ。建設費500億円。現在世界一高いカナダ・トロントのCNタワーの553mを抜いて610mで世界一となる予定だ。鉄骨造と鉄筋コンクリート造を組み合わせた構造で地上350mに第一展望台、450mに第二展望台ができる。東京の新名所として50年前と同じように展望台に登るエレベーターに長蛇の列が出来るだろう。半世紀の間美しい姿で東京のシンボルタワーとして君臨してきた東京タワーがお役ご免となってしまうのは何とも寂しく切ない想いである。

Img_2782_3 Img_2783_2 Img_2785_2芝公園の隣の東照宮には梅の花か咲いていた。

.

Img_2780 Img_2779

港区役所のすぐ近くの煉瓦造りの洋館のフレンチレストラン、クレッセントハウス。創業1957年、東京タワーが出来る前の年である。20年以上前に友人の結婚式で一度行ったことがあるが、クラッシックな雰囲気がとてもよい。料理、サービスは人によって評価はまちまちであるが、ランチでも8000~10000円だからディナーでワインでも飲んだらかなりの金額になるだろう。値段だけは超一流で私のような庶民には敷居が高すぎる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

昭和の鉄道模型をつくる(14)

Img_2768 第28巻は酒屋だ。昭和30年代の酒屋は表通りに面した正面に母屋があり、母屋の上に大きな看板がいくつも飾ってあった。酒造メーカーが寄贈したもので、数が多いほど自慢だった。店舗の正面には酒瓶のケースが置かれてある。当時の酒屋は裏に酒を貯蔵する木造の蔵があった。

.

Img_2767 今回のパーツも少なく製作は簡単だった。最近数回続けて細かなパーツが無くちょっと物足りない。

.

Img_2772 側面は板貼りの壁。

.

Img_1546_3 谷中の旧吉田屋酒店。

.

Img_2057 鳥越おかず横丁の高岡酒店。

醸造元から寄贈された大きな看板。

.

Img_2776 パネルボードにレイアウトして完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

デコポンが届いた

Img_2758 今日さぶちゃんから「デポコン」が届いた。さぶちゃんとは35年位前に同じ合唱団歌っていた仲間だ。今は三重県熊野のみかん農園に嫁いでみかんやデコポンを作っている。今でも月に一度東京まで合唱団に歌いに通っている頑張り屋である。さぶちゃんのところの「デコポン」は農薬使用量をJA推奨量の50%以下に抑え、残留農薬を減らすため収穫直前の農薬散布や防カビ剤を使用していない。そのため外見はきれいでなく、糖度もかなり高いためカビ腐敗等が起こりやすく日持ちがよくない。収穫後長期に渡って倉庫で熟成されることなく、出荷するので濃厚な甘みと新鮮で瑞々しい。レモンも農薬、除草剤、化学肥料を一切使用していない無農薬栽培である。中国製の毒入り冷凍餃子や食品偽装が社会問題になっており、私たちの食生活を脅かしている昨今、さぶちゃんの作るみかんは見た目は悪いけれど身体に優しくてとても美味しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

映画「歓喜の歌」

2_3 今日は映画「歓喜の歌」を観てきた。「歓喜の歌」といえばベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」の第4楽章のことである。映画のタイトルから合唱の映画と思いきや、実は落語家立川志の輔の新作落語「歓喜の歌」を映画化した喜劇である。

.

1 地方の小さな町、みたま町の文化会館に勤める飯塚主任(小林薫)はやる気のない駄目な公務員。12月30日、事務所にかかってきた電話を受け、「みたま町コーラスガールズ」と「みたまレディースコーラス」のふたつのママさんコーラスが翌日の大晦日のホール予約がダブルブッキングだったことが発覚する。飯塚はどうせオバサンたちの暇つぶしのママさんコーラスだからなんとかなるだろうと軽く思っていたが・・・・  さて翌日に本番を控え結末は?

映画を観て私は合唱をやっているので実際にはこんなことありえないということはあったが、笑いとちょっぴり泣かせるところもある人間ドラマ。

飯塚主任役の小林薫の無責任な惚けた笑いを誘う名演が光っていた。植木等の無責任シリーズを思いだした。

.

4 「みたま町コーラスガールズ」の指揮者役の安田成美も6年ぶりの映画出演とのことだが、名演であった。

文化会館の若手職員役の伊藤淳史は7~8年前「独立少年合唱団」に出演した時はまだ少年だったのに、ずいぶん大人っぽくなっちゃった。ほかに合唱団の団員でスーパーの女社長役の由紀さおり、ラーメン屋の藤田弓子、飯塚の妻役の浅田美代子など。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 2日 (土)

昭和の鉄道模型をつくる(13)

Img_2743
.
今日宅急便でパワーユニットが届いた。創刊号から25巻までに付いてくる応募券25枚を送るとパワーユニットが無料で貰えるのだ。これで電車を走らせることができる。早速パネルボードのレールに電気を送るD.C.フィーダー線と電動ポイント線のコネクタをパワーユニットに差込み、電源をコンセントに差し込む。パワーユニット左端から電源スイッチ、電車の走行方向切替スイッチ、ポイント切替スイッチ①、②(二箇所のポイントを切替できるが①のみ使用)、右端がスピードコントロールハンドル。いよいよ電車を走らせてみる。
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

昭和の鉄道模型をつくる(12)

Img_2732 第27巻は薬局だ。昭和時代の薬局の店舗前にはエスエス製薬のうさぎのピョンちゃん、コルゲンコーワでおなじみの興和のかえるのケロちゃん・コロちゃんや佐藤製薬のオレンジ色の象サトちゃんなどの製薬会社の様々な動物キャラクターのマスコット置かれてあった。因みにケロリンはかえるのキャラクターの愛称ではなく内外薬品の頭痛薬(鎮痛剤)の名前であるが、銭湯に置かれてあった広告入りの黄色のケロリンの湯桶で有名であった。そういえば谷中にかえるグッズのかえる屋ケロリン堂というお店がある。

.

Img_2731 今回のパーツは床板、屋根、外壁、正面のテント、看板、マスコットと今回もパーツは少なく製作は簡単だった。

.

Img_2735 .

Img_2736_2 側面と背面は板張りの壁と屋根は瓦屋根 。

.

Img_2741 パネルボードにレイアウトして完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »