« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

新春!ジャミン・ゼブ@のげシャーレ

今年の初ジャミンは朝日カルチャーセンター主催の横浜にぎわい座 のげシャーレ小ホールでのトークコンサート。 開演10分前位に開場に着いたら、150席弱の客席がほぼ満席であった。
新曲を含むア・カペラ曲を中心に数曲演奏後 ~若手実力派ボーカルグループ jammin’Zeb を解き明かす!~  との副題のスティーブ先生(?!)のミニワークショップ。企業秘密ともいえるジャミンの繊細なハーモニーがどのようにして生まれるのか?実演を織り交ぜ練習の舞台裏を種あかし。まず、英語の発音の表現・処理のしかたについては、アメリカ、イギリス、オーストラリア等国、地域によって発音が違うので4人の発音の統一を図る。特に「R」や曖昧母音をどのように処理するかなど。次にフレーズの歌い方の統一。ソロで歌う場合は自分の感性で歌えば良いがコーラスではフレーズの歌い口を統一しないと美しいアンサンブルは生まれないので、まずリードを受け持つ人が自分の感性で歌ってみる。それに対して他の3人が「ここはこうした方がよい」とか意見を出し合いながら、4人の統一を図る。そしてユニゾンで体が覚えるまで何度も練習し、それからハーモニーをつけることで、メロディーパートと同じ感性で歌えるようになり、一糸乱れぬ完璧なアンサンブルを醸しだすことができる。他にも興味深い話を沢山聞くことができ、合唱の練習にもとても参考になった。ジャミン・ゼブがいつも涼しい顔をして完璧なハーモニーを聴かせてくれる裏には徹底した地道な練習と努力があればこそだと、ジャミンのプロ意識を再確認することが出来た。他にもまだまだ参考になる話を聞かせていただいた。


下記にも当日の内容を参照できます。

朝日カルチャーのブログ
http://accyokohama.blog109.fc2.com/blog-entry-54.html

Zeblog
http://blog.livedoor.jp/jamminzeb2007/archives/65625884.html#comments

楽譜を見ながら歌を聴くことが出来ればよりジャミンの音楽、魅力を理解できると思うので、早くジャミンの楽譜集を出版していただければと願っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

ワン・コイン・コンサート

0003a
.
藤沢市主催のワン・コイン・コンサートが藤沢市民会館小ホールで開催され、マリンバ・パーカッショングループ「TONES」が出演したので聴きに行ってきた。「0歳からのクラシックコンサート」と題して小さなお子様を連れてのクラシックコンサートに聴きに行けない親子連れを対象にしたコンサートで、平日昼間の40分間のミニコンサートでした。
.
Img_0929a
.
マリンバ3台とパーカッションで剣の舞、白鳥、チャルダーシュなどのおなじみの曲を演奏。
.
Img_0936a
.
ボディーパーカッションがあったりアンパンマン体操では子供達が一緒に歌ったりリズムをとって体を動かしたりして楽しんでいました。
会場内は子供の泣き声や、動き回ったりしていましたが、とても楽しい演奏会でした。演奏会を聴いた子供達が1人でもマリンバやパーカッションに興味をもって将来演奏家が育ってくれると良いと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »