« 夜明けのスカイツリー | トップページ | jammin'Zeb X'mas Fantasy 2011 »

2011年12月18日 (日)

Ensemble VITOI & AIM Singers Joint Concert

0003_567x800

昨日はEnsemble VITOIAIM Singers のジョイントコンサートを聴いてきた。二子玉川のオーキッドミュージックサロンという100名程収容の会場だった。ヴィトワは元プリエールでテナーを歌っていたT君が4年程前に立ち上げた女性2、男性4の6重唱団でキングズ・シンガーズなどのアレンジを中心に関西で活動している。エイムシンガーズは、2年前に神奈川で発足した7~8名のグループでメンバーの半数が音大声楽出身でクラシック、ジャズ、ポップスなどジャンルを限定せず歌っている。両団体ともマイクを使わない、ア・カペラコーラスグループで、アマチュアのグループとしては質の高いアンサンブルでとても楽しいコンサートだった。


Ensemble VITOI http://vitoi.com
Img_1998a

グループ名の由来は「Ⅵ to Ⅰ(6 to 1)」6人が一体という意味でフランス語風に「ヴィトワ」と命名したとのこと。なかなか洒落たグループ名だ。写真の左から3人目がT君。
演奏は前半がキングズシンガーズのレパートリーや男声4重唱でブラームスの子守唄など、後半がクリスマスソングを歌った。ブラームスの子守唄はジャミン・ゼブも歌っているGene Puerlingのアレンジで、二番の転調が聴かせどころだが、イマイチぴったり決まらなかったのが残念だった。今回は聴けなかったが軽快なイギリスマドリガルなども聴いてみたかった。全般的に生声で演奏するには声量が少なかったせいか、ハーモニーが稀薄だったように感じた。


AIM Singers   http://ameblo.jp/aimblog
Img_1999a

このグループは半数が音大出身だけあって、安定した響きのある声を聴かせてくれた。レパートリーもクラシックの合唱曲をメインに歌っているようだ。ルネサンス期の宗教曲、世俗曲などのポリフォニーが合っているように思った。


27年前T君がクールプリエールで一緒に歌っていた若かりし頃の映像。

|

« 夜明けのスカイツリー | トップページ | jammin'Zeb X'mas Fantasy 2011 »

合唱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/53510597

この記事へのトラックバック一覧です: Ensemble VITOI & AIM Singers Joint Concert:

« 夜明けのスカイツリー | トップページ | jammin'Zeb X'mas Fantasy 2011 »