« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

雪にまつわる歌

Img_2121a_2               <我が家の前の小学校の校庭>

Img_2125a_2Img_2126a_2


今日は朝から雪が降っています。昼を過ぎた今でも”しんしん”と降っていて我が家の窓からも一面雪景色です。積雪2~3㎝程度ですが、首都圏の交通のダイヤも乱れているとテレビで報道していますが、2~3mも積もる雪国と比べれば降った内に入らないでしょうね。私が子供の頃は東京でも毎年雪が降り、10~20㎝位降ることもよくあったように記憶しています。大きな雪たるまを作ったり、雪合戦をして遊んだものです。現在は昔ほど積もらなくなりました。温暖化が進んでいるのでしょうね。

「雪にまつわる歌」といえば、唱歌の「雪やこんこ」がありますが、”こんこ”とは”来んこ”、来い来いという意味で、雪よもっと降れと歌っているのですね。子供の頃は、こんこんと雪がふる様の「雪やこんこん」と思っていました。他に古い曲では「雪の降る街を」「白い想いで」、ダークダックスの「雪山讃歌」、アダモの「雪が降る」、イルカの「なごり雪」、札幌オリンピックのテーマソングのトワ・エ・モアが歌った「虹と雪のバラード」などを思い出します。演歌にも、五木ひろし「細雪」や吉幾三「雪国」などがありました。
合唱曲で雪の歌はタダタケ(多田武彦)の男声合唱組曲「雪明りの路」「雪国にて」、高田三郎の混声合唱組曲「心の四季」の”雪の日に”プーランク「雪の夜」(Un soir de neige)など歌ったことがあります。
ジャミン・ゼブも「祈り雪」「LET IT SNOW」など歌っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

NHK金曜バラエティー

Img_2119


Img_2120


今日はNHK金曜バラエティー「旅立ちの春に~卒業ソングNOW」の公開生放送を見に行ってきました。

最初に全員で「仰げば尊し」を歌いましたが、ジャミンはこの曲を歌うのは初めてと言っていました。
私の時代の卒業式で歌った歌が「仰げば尊し」「蛍の光」でしたのでジャミンが知らないのは当然ですね。
「旅立ちの日に」は秋川雅史さんが歌いましたが、オペラ調で気張りすぎのように感じました。
ジャミンの「さくら」は2番とコーダをカットした短縮版でした。フルコーラスで聴かせてもらいたかったです。
石井聖子さんは「BELIEVE」をジャミンのバックコーラスで歌いました。
最後に全員で「あすという日が」を歌いましたが、秋川さんの声量に触発されてか、練習不足なのか、ジャミンの声に粗さが目立っていたのが残念でした。
私は最後列で観ていたのですが、帰ってから録画を観たら、一瞬ですが、ちらっと写っていました。
同じ合唱団の女性からテレビで観ていたというメールが来ていて、ジャミンのハーモニー「素敵」でしたと書いてありました。
17日の船橋チャリティーコンサート、22日のNHK-FM横浜よこはま発JAZZクルージング、そして今日とジャミン三昧の一週間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

よこはま発JAZZクルージング

Img_2117_2


昨日はNHK横浜放送局の公開生放送「よこはま発JAZZクルージング」にジャミン・ゼブが出演するので、聴きに行ってきた。開場の1時間半前の16時頃に着いたが、既に60人位並んでいた。100名着席できるとのことで、座って聴けました。それにしても、朝9時半頃から並んでいた人も居たとか・・・びっくり!
昨日の模様を数分間だけど、動画で観られます。未だ更新されてないかもしれないが、今日、明日中には観れるとおもう。ここをクリック

FM横浜の生放送なので、録音予約をセットしたが、家を出る直前に慌ててセットしたため、受信局を間違えて予約してしまい、帰ってから再生したところ、別の放送が録音されていた。トホホ。でも、生バンドで1時間たっぷり聴けたのでよかった。

朗報を2つ・・・
5月に新アルバムがリリースされるそうだ。日本語のオリジナル曲も入っているとのこと。「祈り雪」かな?それとも新曲?楽しみだ。
昨日放送に参加していた、柴田浩一氏が今年の10月9、10日開催の横浜JAZZプロムナードの出演を・・・と生放送中の話していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

映画逆転裁判

Photo


映画「逆転裁判」を観てきた。私はゲームをやったことがないので、この映画が人気ゲームの映画化ということも知らなかった。今までの法廷映画は実際の裁判を再現しているかのようなリアルなものであったが、この映画はゲームのキャラクターを映画化したもので、ヘアースタイル、衣装も、ゲームの「逆転裁判」を知らない私にはびっくりしたが、ストーリーは弁護士と検事のバトル、そして判決は・・・とても楽しく鑑賞した。
エンディングの前に流れた合唱はバッハのヨハネ受難曲では?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

はやぶさ 遥かなる帰還

Gallery008951_3


今日は映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を観てきた。地球から往復7年間60億キロの小惑星「イトカワ」に到着して岩石サンプルを持ち帰るという、小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトチームに携わった技術者、それに関わる新聞記者、その家族などの様々な人間模様を描いた映画。
プロジェクト・マネージャー山口駿一郎(渡辺健)を中心にイオンエンジン担当の技術者藤中仁志(江口洋介)、同じく森内安夫(吉岡秀隆)が、エンジントラブルなど帰還までのアクシデントに見舞われるが、山口のリーダーとしての決断によりそれぞれの立場の違いから対立しながらも技術を結集して成功に導く。プロジェクトの取材をする新聞記者の井上真理(夏川結衣)と試作品を手掛けた町工場の社長東出博(山崎務)親娘とのやりとりもとても感動する。技術屋のプライド、信念、頑固さなど同じ技術屋の私にはとても共感するところがあった。サンプルを地球に届け、役目を終えた「はやぶさ」が燃え尽きるシーンはほろっとさせる。
全編を通じて全ての音楽を担当した辻井伸行の作曲・ピアノ演奏も聴きもので、特にエンディングロールは心に染み入る感動を与えてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

ジャミン・ゼブ チャリティーコンサート in 船橋

0004


昨日は千葉県船橋までチャリティーコンサートを船橋在住の同じ合唱団メンバーを誘って聴きに行ってきた。初ジャミンの彼女も繊細なハーモニーと絶妙なアンサンブルに感動していたようだった。
生バンドでなく、カラオケでの演奏だったこととスピーカーの音響がイマイチだったのが残念だったが、ア・カペラ曲もたくさん聴けたし、休憩なしの約1時間40分久しぶりに生ジャミンを楽しんだ。
私の前の席で演奏中にデジイチで写真を撮っていた客がいて、大きな液晶の光が視界に入りとても気になり、よっぽど注意しようかと思ったが、トラブルになるのがいやで我慢したがとても不愉快だった。ほかにも演奏中携帯の音が鳴り出したり、コンサートの常識を弁えないマナーの悪い客が目立った。
開場前の夕方から降り始めた雨が、終演後、ホールを出たら雪に変わっていた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

MOS+2の会

一昨日は昨年まで勤務していた会社の同僚、後輩5人での新年会だった。来年定年を迎えるOさん、中堅のS君、それにまだ20代の若い女子2人と私のなんとも奇妙な5人組である。5人揃って都合のよい金曜日ということで、2月10日になってしまった。

場所は新宿の某海鮮居酒屋で、毎日北海道から取り寄せる新鮮で美味しい魚介類が安く食べられるのでとても人気で、18時頃から既に満席状態だった。
暇人の私が早く行って席を確保。

Img_2109
刺身8点舟盛り1980円

Img_2111
八角の姿造り680円

Img_2110
特大ブリの兜焼き680円


他に、ネギと蟹肉たっぷりのカニみそ甲羅焼き 、特大縞ほっけ焼き 、牡蠣フライ 、寿司 、などなど 海鮮三昧だった。 最後に手打ちそばでお開き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

CDアルバム「FOUR MARIMBAS」

Img_2096


Img_2097

姪からマリンバ・パーカッショングループ「TONES」のファーストCDアルバム「FOUR MARIMBAS」を送ってもらった。早速聴いてみました。ライブ録音とは違って、録音もとても良く、一糸乱れぬアンサンブルで、とても素晴らしい仕上がりになっていました。マリンバ4台が奏でる軽快なリズム、柔らかい中音域、オルガンのような重低音など、マリンバの多彩な音色が散りばめられていて、癒しのサウンドを体感できると思います。全国の主要なレコード店の打楽器コーナーでも入手できますし、Amazonでも購入できます。


登録情報

演奏: TONES
作曲: 山田耕筰, 小菅しほり, ツィンマー, 吉松隆, ディーガン他
CD (2012/1/25)
ディスク枚数: 1
レーベル: カメラータ・トウキョウ
収録時間: 48 分
ASIN: B006OQ0EQY
\2,500(税込定価)CPCD-38002

曲目リスト

1. パガニーニの主題による変奏曲(作曲:小菅しほり)
2. エレクトリック・グラス(作曲:クラウス・ディーター・ツィンマー)
3. アトム・ハーツ・クラブ・カルテット(作曲:吉松 隆)
4. オーシャンゼリゼ(編曲:片岡寛晶)
5.「 カルメン」組曲より(作曲:ジョルジュ・ビゼー/編曲:細谷晋)
6. チャールダーシュ(作曲:ヴィットーリオ・モンティ/編曲:片岡寛晶)
7. この道(作曲:山田耕筰/編曲:片岡寛晶)


内容紹介
マリンバカルテットの可能性を追求する若手4人からなるマリンバカルテット“TONES”のデビュー盤。マリンバ4台で奏でる吉松 隆作品の弦楽四重奏曲「アトム・ハーツ・クラブ・カルテット」や、打楽器奏者にはお馴染みの「ツィンマー:エレクトリック・グラス」等クラシックの名曲をマリンバカルテットが見事に演奏しています。


アーティストについて
2006年、木村泰子、木村大介、小畑寛、平野有希子(演奏者プロフィール)の4人によりマリンバ中心の打楽器アンサンブル・グループとして結成。リサイタル公演、子供たちへの音楽鑑賞会、全国各地のイベントなど様々な場所で演奏活動を行なう。マリンバカルテットの可能性を広げるべく作曲家への委嘱、新たな編曲作品にも力を入れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

jammin'Zeb チャリティーコンサート in 船橋

0001a


2月17日(金)に船橋でジャミン・ゼブのチャリティーコンサート。船橋は我が家からちょっと遠いので、行かないつもりでしたが、船橋在住の合唱団仲間に紹介したら、聴きにいってみたいと言うので、私も行くことに・・・
いつも、合唱団の仲間にはジャミンのことを話しているので、今回初ジャミンの合唱仲間が気に入ってくれてジャミンファンが一人増えると嬉しいのだが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »