« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

jammin'Zeb "Seasons" リリースパーティー

0005a

ジャミン・ゼブのニュー・ミニアルバム「Seasons」が5月30日に発売になります。もう7枚目のアルバムになるのですね。曲目は下記の通りで、今までと違った傾向の選曲もありとても楽しみです。ジャケットはどんなデザインになるのか?これも楽しみですね。上のチラシは「Garden」リメーク盤のジャケットの写真を使っていますので、発売までヒミツ?でしょうか?

1. Seasons (シーズンズ)
2. You Can’t Hurry Love (恋はあせらず)
3. Besame Mucho (ベサメ・ムーチョ)
4. Wrap Your Troubles In Dreams
5. Serenade (シューベルトのセレナーデ)
6. I’m A Believer (アイム・ア・ビリーヴァー)
7. 世界に一つだけの花


6月2日のリリースパーティーのオフィシャルHP先行受付が始まりました。
受付期間は4月28日から5月6日までです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

新緑の野川

Img_2266a

今日はお天気も良く、近所を散歩してきたが、半袖でも汗ばむ陽気でした。三週間前は染井吉野が満開だった野川の桜も深緑色の葉っぱが生い茂り、新緑の景色に変わっていた。


Img_2271a

川淵に咲く菜の花の黄色がとても鮮やかでした。


Img_2274a

遊歩道の八重桜は散り始めていました。


Img_2265a

ちょうどハナミズキが満開でとてもきれいでした。歩道の植え込みのつつじが咲き始めていました。あと一週間位で色とりどりのつつじが開花するでしょう。


Img_2261a

我が家から徒歩10分位の甲州街道に面した、国領神社の「千年の藤」も咲き始めました。一本の大木から一面に張り巡らした藤棚に咲く藤は見事です。あと一週間位で見頃になるようなので、また見に行ってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

ラ・フォンテヴェルデ演奏会

Photo

昨日は声楽アンサンブル ラ・フォンテヴェルデ(La Fonteverde)の演奏会を聴いてきました。

ラ・フォンテヴェルディは鈴木美登里氏が主宰している声楽アンサンブルで、バッハ・コレギューム・ジャパン、アンサンブル・カペラなどで活躍しているメンバーで結成されていて、イタリア・マドリガーレを中心に歌っているグループです。
今年は16世紀後半のイタリアの詩人バッティスタ・グァリーニの没後400年にあたることから、彼の代表作≪忠実な羊飼い Il PASTOR FIDO≫ の詩によるマドリガーレをとりあげた演奏会でした。
今回のプログラムでとても興味深かったのはモンテヴェルディ、ディンディア、マレンツィオといったイタリアを代表する作曲家が同じ詩に作曲した曲を聴き比べすることができたことでした。

~ラ・フォンテヴェルデ結成10周年記念~
     第15回定期演奏会 
≪忠実な羊飼い Il PASTOR FIDO≫


G.バッティスタ・グァリーニ 作
G.Battista Guarini (1538-1612)  
牧歌劇≪忠実な羊飼い≫の詞によるマドリガーレ

無慈悲なアマリッリ Cruda Amarilli
ベネデット・パラヴィチーノ Benedetto Paravicino (1551-1601)
シジスモンド・ディンディア Sigismondo D’India (1582-1643) 
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi (1567-1643)

さえずるあの小鳥は Quell’augellin che canta
シジスモンド・ディンディア Sigismondo D’India (1582-1643)
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi (1567-1643)

ああ、つらい別れ Ah, dolente Partita
ジューリオ・カッチーニ Giullio Caccini (1556-1612)
バルトロメオ・ムティス Baltolomeo Mutis (?-c1575-80)
ジャッケス・デ・ヴェルト Giaches de Wert (1535-1596) 
ルカ・マレンツィオ Luca Marenzio (1553-1599)
クラウディオ・モンテヴェルディClaudio Monteverdi (1567-1643)  他


ラ・フォンテヴェルデLa Fonteverde
ソプラノ:星川美保子・鈴木美登里 カウンターテノール:上杉清仁
テノール:谷口洋介・中嶋克彦 バス:浦野智行・小笠原美敬
リュート:金子浩 チェンバロ:上尾直毅:
ナビゲーター:朝岡聡


演奏の内容は古楽歌唱法を極めた精鋭のグループだけあって、極上のアンサンブルと独唱を聴くことができました。リコーダー奏者としても活躍していて、クラシック通として有名なフリーアナウンサーの朝岡聡氏がコンサート・ソムリエとしての解説も解りやすくてとても良かった。このような演奏会を聴きに来るお客さんはマニアックな方が多いのか、聴衆のマナーもとてもよく、演奏後の静寂を残す拍手のタイミングも心得ていてとても心地よい余韻に浸ることができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

やきもののいろは(3)

3回目の今日は2個目の湯呑みを作った。
先週作ったのは寿司屋の湯呑み位の大きさだったので、今日は少し小さめに作った。

Img_2257a

底板を作る。粘土を手の平で叩いて適当な厚さになるまで延す。ロクロの真ん中に載せて、ロクロを回して針で円を描き、廻りの粘土を取り除く。

Img_2258a

紐状の粘土を4段積み重ね、表面を均した後、飲み口の部分が水平になるように、ろくろを回して針ですじを付け、余分な部分を切り落とす。切り口を水を含ませたなめし皮で、角を取る。

Img_2260a

先週作ったのと並べてみたが、若干小さく出来たが、思ったより大きくなってしまった。小さく作るのは意外と難しいものだ。成形しているあいだに、だんだん大きくなってしまう。
次回はどんぶり作りをする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

東京オペラシティーランチタイムコンサート

東京オペラシティーでは、月に2~3回無料でランチタイムコンサートを開催している。
今日はコンサートホールで、マリンバ・ソロのコンサートがあったので聴きに行ってきた。演奏者は木下昌子さん。バッハ、トビュッシーなどのクラシックからミュージカルソングまで、11:45~12:30の45分間の演奏を聴いた。最後は小森邦彦さんとのデュオでナゴヤ・マリンバという曲を演奏した。柔らかく豊かなマリンバの音色が広いコンサートホールに響きわたっていた。
コンサートホールの演奏後、隣の近江楽堂でも、古楽の演奏会があったのでこちらも聴いてきた。
17世紀イタリア初期バロック期の音楽で、ソプラノとチェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、リコーダー、コルネットの演奏を聴いた。ソプラノの藤沢エリカさんは、ノンビブラートの済んだ声で、この時代に合った声であったが、響きが固いのが気になった。近江楽堂は100名位の狭いホールだが、天井が高く音が頭上から降ってくるようなすばらしい音響の空間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

やきもののいろは(2)

今日は陶芸教室の2回目。

Img_2252
まず、先週習った粘土の荒練りと菊練りをしてから、円錐形に仕上げる。


Img_2251
次に底板を円形にロクロの中心に厚さが均等になるように手のひらで叩いて延す。ロクロを回して針で円になるように外側を切り落とす。


Img_2248
紐を作り、垂直部分に積み重ねる。親指で上下の継ぎ目を均す。


Img_2253
4段積んで、表面を滑らかに均して、ロクロを回して飲み口の部分を針で平に切り取りとる。切り取った表面の角を丸く仕上げて出来上がり。


Img_2249
残った粘土が固くならないように、薄くスライスして霧吹きで水をかけビニールの風呂敷で包んでおく。

今日習った事は
 ・ 底板作り方
 ・ 垂直部分を紐状の粘土を積み上げる方法
 ・ ロクロを回しながら針で不要部分を切り取る方法
 ・ 飲み口の部分の表面の処理の仕方

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

やきもののいろは(1)

退職したら陶芸をやってみたいと、思っていたところ、調布市市民カレッジで格安で陶芸教室をやっていて、4月から開講するので、始めることにした。初心者の「やきもののいろは」というコースで、毎週金曜日の午後30回で、湯呑みから壺まで、1年間で10~15点の作品を作る。
昨日は初回で、制作工程、用具、道具の説明、土練り、撚り土の作り方などを教わった。粘土の練り方の荒練りと仕上げ練り(菊練り)を実際にやってみたが、先生が練るのを見ると簡単そうに見えるが、実際にやってみるとうまくできない。荒練りは粘土の水分をむらなく行きわたるように水分量、硬さなどを確認しながら練る。菊練りは粘土に付着している空気を取り除き、粘土中に水を行き渡らせて、しっとり、締まった感じに練り上げる。力の入れ具合、抜き具合などコツをつかむみ慣れるまでかなり時間が掛かりそうだ。練るのにかなり力がいるので、汗びっしょりになる。
土練りの次は水分補給の仕方。水分が蒸発して固くなった粘土に水分補給して柔らかくする方法は粘土の塊をワイヤーで極薄にスライスする。しゃぶしゃぶの肉くらいに薄くスライスするのが良いと言われたが、なかなか均等の暑さにならない。スライスした面に霧吹きで水を吹きかけ、粘土の中まで万遍なく水分が行き渡るようにする。粘土に均等に水分を行き渡らせ、空気を抜かないと、焼いたときに気泡が膨張して爆発たり、焼き上がりにむらが出来るので、土練りは重要な作業であることを教わる。
陶芸の奥の深さを改めて認識した初回であった。これから器の鑑賞の仕方も変わってくるような気がする。
次回からは、紐作り、湯呑み、ドンブリなどの制作が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

2012野川夜桜ライトアップを見てきた

一夜限りの野川夜桜ライトアップを見てきた。昨年は東北大震災の影響で中止となったので、2年振りの開催のだった。そのせいか例年より人出が多かった。

Img_2222a_2
Img_2207a_2
Img_2209a_2
Img_2219a
Img_2215a
Img_2238a_3
Img_2241a
Img_2214a

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

2012年 野川桜ライトアップ開催日決定!!

Photo

2012年 野川桜ライトアップ開催日決定しました!!

開催場所 調布市佐須町3丁目付近 野川遊歩道  (三鷹通り 榎木橋より下流方向 細田橋まで)

開催日  4月10日 火曜日

開催時間 18:00 ~ 21:00


開催日前日、当日は、河川敷への立ち入り禁止、周辺道路通行止等の規制があります。

詳細はここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

TONES Parade Vol.2

姪が参加しているマリンバ・パーカッショングループ「TONES」 が、マリンバ・カルテットのファースト・アルバム 「FOUR MARIMBAS」 がリリースされた記念コンサート TONES Parade Vol.2 が横浜と広島で開催されます。

コンサートの詳細は下のチラシの画像をクリックすると拡大されます。拡大された画像をもう一度クリックするとさらに大きくなります。

Scan10009bScan10010b

マリンバの多彩の音色と木の優しいサウンドをお楽しみいただければと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

2012年野川の桜が満開になりました

Img_2189a

2~3日前はまだ2分咲き位だった野川の桜が今日は満開になっていました。
夜桜ライトアップも来週前半頃でしょう。2~3日うちにはライトアップの日程が発表になるでしょう。楽しみ!


Img_2190a

Img_2193a

遊歩道の桜のトンネル


Img_2191a

Img_2194a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

バッハ・コレギウム・ジャパン公開リハーサル

昨日はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の公開リハーサルが、地元調布市グリーンホールであったので聴いてきた。BCJの公開リハーサルは調布市在住のBCJの音楽監督の鈴木雅明氏のご厚意により、調布市民対象に調布市文化・コミュニティ振興財団とBCJとの協定事業として無料で開催されている。
今回は受難節の聖金曜日にあたる本日、東京オペラシティコンサートホールでの本番でバッハ「マタイ受難曲」を演奏するので、前日リハーサルで「マタイ」の第Ⅰ部全曲(約70分)をノンストップの通し練習を聴くことができた。
現代最高のエヴァンゲリストのゲルト・テュルク氏格調高い美声、合唱は一群10名の20名でソプラノをはじめ全員ノンビブラートの透き通ったアンサンブルを聴くことができた。流石日本が世界に誇るBCJ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

東宝スタジオ桜ライトアップ2012

Photo


今年も恒例の東宝スタジオ桜のライトアップを 4日間限定で実施されます。

日 程:2012年4月7日(土)~2012年4月10日(火)
時 間:全日とも18時00分~20時00分
場 所:世田谷区成城1丁目 仙川遊歩道 一ノ橋から三ノ橋にかけての一帯

詳細→東宝スタジオ桜ライトアップ2012

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

春嵐一過!

Img_2179a

昨日は日本海で急速に発達した低気圧の影響で全国的に台風並みの大荒れの天気になり、瞬間風速が東京の八王子で38.9m、都心でも30mを記録、雨もかなり降った。首都圏の交通は乱れたが、午後から帰宅命令が出た会社もかなりあったので、夕方帰宅ラッシュ時のパニックは起こらなかったようでした。
一夜明けて、今日は「春嵐一過」の穏やかな快晴。昨日の強風で桜も散ってしまうかと思いきや、まだ開花寸前だったので、散らずに済んだようだ。

Img_2180a

野川の夜桜ライトアップスポットの桜も2~3歩咲位だろうか?だいぶ色付いてきた。今週末位が花見日和になるのでは・・・

Img_2181a


Img_2176a


Img_2178a

毎年飲み仲間で花見をする場所も咲き始めたので、今度の土日あたりには・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

横浜山手界隈

Img_2158a

4月1日。まだ桜は咲いていませんでした。山手通り沿いにはお洒落なカフェ・レストラン、古い洋館、外国人墓地、教会、豪邸が立ち並んでいて異国情緒を満喫できます。

Img_2161a               横浜外国人墓地


Img_2154a               エリスマン邸


Img_2155a               ベーリックホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華客船 Sea Princess

Img_2166a


一昨日横浜ゲーテ座まで行った時、開演まで時間があったので、港の見える丘公園に行って海を見ていたら、大桟橋に4月1日にちょうど豪華客船 Sea Princess (シー・プリンセス)が停泊していた。横浜へは初寄港だそうだ。ちょうど日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」も停泊していたらしいが、港の見える丘公園からだとシー・プリンセスの後ろなので見えなかった。せっかく横浜まで行ったのだから、時間があったら大桟橋まで行って、近くで見たてみたかった。Sea Princess と飛鳥Ⅱが並んでいるところは壮観だろうし、滅多に見られないだろう。

Sea Princess と飛鳥Ⅱを比較してみると、

【シー・プリンセス(Sea Princess)】 
・総トン数   77,499トン
・全長     261.31m
・全幅     32.25m
・乗客定員  1,950名
・船籍     バミューダ

【飛鳥Ⅱ】 
・総トン数   50,142トン
・全長     241.00m
・全幅     29.60m
・乗客定員  872名

なので、トン数で1.5倍。 乗客定員は2倍以上! 大きい!!


Img_2164a

これは、ベイブリッジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

打楽器アンサンブル2012 in ゲーテ座

Img_2163a


昨日は「打楽器アンサンブルプチ・フェスタ2012」を聴きに横浜の山手ゲーテ座ホールへ行ってきた。山手ゲーテ座ホールは外人墓地と港の見える丘公園の近くの山手界隈の趣のある洋館、岩崎博物館の中にある。
「プチ・フェスタ」はパーカッショニストの神田佳子氏が主宰している打楽器アンサンブル講座の受講生やお弟子さん達25名位の打楽器アンサンブルのコンサートで、出演者も高校生、大学生、会社員、音楽療法士など様々、初心者からプロの打楽器奏者まで、一堂に会しての楽しいコンサートでした。

Img_2171a


<プログラム>

・Stinkin Garbage/E.Argenziano

・木星~惑星より /Gustav Holst (編曲 神田佳子)

・大地へ 打楽器四重奏のための/神田佳子(改訂初演)

・リベルタンゴ/Astor Piazzolla (編曲 神田佳子) 

・即興リズムアンサンブル

・打楽器四重奏のためのパレード/神田佳子

・アンダー・ザ・シー/Alan Menken (編曲 神田佳子)

・マリンバーズ4/神田佳子

・Fire Cracker/Martin Denny (編曲 神田佳子) 

・クロスハッチ~マリンバとヴァイブラフォンのための/武満徹

・ひかりの心象スケッチ~宮澤賢治によせて~/福井香菜子 (新曲初演)

・ Firedance ~Riverdanceより~/Bill Whelan

・信頼という木は大きくなるのが遅い木である。/大塚茜 (新曲初演)

・聖者の行進 /アメリカ民謡 (編曲 神田佳子)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

野川夜桜ライトアップ2012

Photo


昨年は大震災直後で、毎年恒例の「野川夜桜ライトアップ」が中止となりましたが、今年は開催することが決まったようです。毎年、満開で好天の日の3時間限りのライトアップなので、開催日は2日前位に決定される。

詳しくは→野川夜桜ライトアップ2012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »