« やきもののいろは(8) | トップページ | やきもののいろは(9) »

2012年6月10日 (日)

クールプリエール第29回定期演奏会 in 浜離宮朝日ホール

0001b_2

私が所属している合唱団クールプリエールの第29回定期演奏会が9月23日(日)浜離宮朝日ホールで開催されます。昨日演奏会のチラシが出来上がりました。

今年の曲目は;

パレストリーナ/スタバト・マーテル
ルネサンス期を代表する作曲家パレストリーナの宗教曲の名曲。各声部が絡み合うポリフォニックとドッペル(二重合唱)の重厚なハーモニーを楽しめる曲です。

ディンディア/イタリア・マドリガーレ集第1巻より
Croud' Amarilli,   Ha di serp'il velen,   Filli, mirando il cielo,  の3曲。 ディンディアはモンテヴェルディ、ジェズアルドと同時代のルネサンス期のイタリアの作曲家です。日本では知名度は薄いようですが、8巻にも及ぶ数多くの マドリガーレを作曲をしています。モンテヴェルディのような軽快さとジェズアルドのような不協和音の美しさを楽しむことができるかと思います。ダブルカルテットなど小アンサンブルでの演奏もあります。

プーランク/悔悟の時のための4つのモテット
近代フランスを代表する作曲家プーランクの宗教曲。 プリエールでは「クリスマスの4つのモテット」「雪の夜」「7つのシャンソン」など、過去にプーランクの合唱曲を好んで歌ってきております。プーランク独得な旋律とハーモニーの楽しめるかと思います。

フォーレ/レクイエム
モーツァルト、ヴェルディ、フォーレのレクイエムを「3大レクイエム」と言われているほど、フォーレの代表曲で、合唱を経験した人は一度は歌ったことがある程有名な曲です。全編40分の大曲で、フルオーケストラ版、オルガン伴奏版など出版されていますが、今回の演奏はオルガン、ハープ、ヴァイオリン、チェロを伴う室内楽伴奏版で演奏致します。

まだ、3ヶ月先ですが、たくさんの方のご来場をお待ちしております。

Priere27               一昨年の第27回定期演奏会より

|

« やきもののいろは(8) | トップページ | やきもののいろは(9) »

合唱」カテゴリの記事

コメント

>桐華さん

3月の演奏会は「たまにピエロを歌う会inいわき」と題して、合同演奏で「月光とピエロ」という曲を100名で演奏します。男声合唱を経験した人は一度は歌ったことがある程、有名な曲です。その曲をなんといわき市出身のコバケン(小林研一郎)さんが指揮いたします。

クールプリエールの演奏会、是非是非いらして下さい。人数をお知らせいただければ何人でもご招待いたします。

投稿: エムズ | 2012年6月11日 (月) 23時45分

わぁ〜shine仲光さんと一緒のステージ!実現すると良いですねhappy02
聴きに行きたいなぁ〜note
(3月は仕事忙しくて無理なのですがsweat02)

演奏会、ご招待ですかsign02happy01昨年は聴きに行けなかったから、今年は行きたいですnote
その日はおそらく午前中はバードカービングなので、機材を持って駆け付けますねhappy01run
近くなったらまたご連絡します。

投稿: 桐華 | 2012年6月11日 (月) 07時30分

>桐華さん

7月には常任指揮者の練習が日曜日に2回、8月は合宿、9月も日曜日の臨時練習と本番で忙しくなります。
9月23日もしご都合がよろしければ、ご招待いたしますので、ぜひお聴きいただければ嬉しいです。
その後ももう一つの男声合唱団の多摩男声合唱団の定期演奏会が来年1月と福島いわき市での男声ジョイントコンサートが3月に控えていて大変です。3月の演奏会にはいわき男声合唱団と東京からは多磨男声と仲光さんが指揮している男声合唱団エルデが参加します。jamminの活動が忙しくなっているので、どうなるかわかりませんが、ひょっとしたら仲光さんと同じステージでご一緒するかも・・・

投稿: エムズ | 2012年6月10日 (日) 23時10分

エムズさんも演奏会に向けて練習中なんですね。

頑張ってくださいねnotes

私もその一ヶ月後(STBともろにかぶってsweat02)発表会です。

私は今から曲を練習するところです。

投稿: 桐華 | 2012年6月10日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/54924078

この記事へのトラックバック一覧です: クールプリエール第29回定期演奏会 in 浜離宮朝日ホール:

« やきもののいろは(8) | トップページ | やきもののいろは(9) »