« パーカッションアンサンブルの饗宴2012夏 | トップページ | やきもののいろは(14) »

2012年9月 4日 (火)

多摩男声合唱団秋合宿2012

9月1~2日と一泊で多摩男声の合宿に行ってきた。
来年1月20日(日)にパルテノン多摩大ホールにて創立40周年の定期演奏会の為の、強化合宿で初日は13時半から21時迄、二日目は9時から16時迄みっちり練習してきた。
私は前回の演奏会以降約1年半休団しており、今回の合宿より復帰したので、殆どの曲が初見であったので、今回の合宿で遅れを取り戻すべく気合を入れて臨んだ。


0001a

合宿所の八王子セミナーハウスは多摩丘陵の広大な森林地帯にあり、都心から約1時間程度の教育研修施設である。


Img_2684a

練習場の中央セミナー室は天井が高く響きの良いホールでとても歌いやすかった。
初日の午後の練習は American Songs 7曲を練習した。曲は

Good Night Ladies (メリーさんの羊)

Joshua Fit The Battle Of Jericho (ジェリコの戦い)

Shenandoah (シェナンド)

Over the rainbow (虹の彼方へ)

Tennessee Waltz (テネシーワルツ)

The green leaves of summer (遥かなるアラモ)

Sing along (シング アロング)

Bridge Over Troubled Water (明日に架ける橋)

どの曲も知っている懐かしい曲ばかりだが、英語の歌詞とシンコペーション、アフタービートのリズムに乗りきれなくおじさん達は四苦八苦していた。スライドや照明等で演出するらしいが、バーバーショップコーラスのような振り付けは無さそうなので一安心。これだけの曲をあと4ヶ月位で暗譜するのもかなり大変だ。


Img_2669a

本館。ここにフロント、ラウンジ、食堂がある。午後の練習後ここで夕食を食べたのち、夜の練習はフォーレのレクイエム。フォーレはクールプリエールの演奏会で歌う曲だが、男声合唱版は全然違う。混声版は暗譜で歌えるのだが、混声で覚えているのでかえって厄介だ。楽譜からちょっと目を離すと混声のテノールパートを歌ってしまう。


Img_2685a

ヴォイトレに使用した松下館。
パート別に5~6名づつヴォイストレーニングを受けた。息の流れ、声の当て方、など発声の基本を再確認する。日曜日のNHK「らららクラシック」゛錦織健さんが、合唱で自分の声が溶け合った時は自分の声が聞こえなくなる。自分の声が聞こえるのはピッチが合わなかったり、音色が溶け合っていないからだと言っていた。まさにその通りだと思う。皆がそういう意識を持てば美しいアンサンブルが出来るのだが、なかなか実践するのは難しい。


Img_2678a

夜の練習も終わり、いよいよ男ばかり(あっ、女性2人、ピアニストのT中先生、ヴォイストレーナーのT先生がいました)40名の大懇親会。宴会の始めはいつも、Vive L' mour を合唱する習わし、所謂乾杯の歌だ。
練習で乾いた喉をビールで潤す。この時のビールの美味しいこと、この時の為に歌っていると言っても過言ではない。至福の瞬間である。それぞれ持ち寄ったワイン、焼酎、日本酒、がテーブルに並ぶ。
宴もたけなわになった23時にお開き。


Img_2689a

しかし、これでおとなしく寝る訳がない。残った飲み物を持って宿泊棟で二次会で盛り上がる。何時頃まで飲んだろうか?飲み物も無くなったので未練を残して就寝とあいなった。
翌日は7時起床、8時より朝食。9時から練習開始。二日酔いで発声練習パスする者。歌うと酒臭い。午前中は声がガラガラでハーモニーにならない。徐々に声の調子は上がってくるが、体は疲労のピーク。何とか気力を振り絞り歌う。16時終了、解散となる。若い頃だとその後合宿の打ち上げをしてから帰宅するのだが、今は高齢者集団、おとなしく家路についた。おしまい。

|

« パーカッションアンサンブルの饗宴2012夏 | トップページ | やきもののいろは(14) »

合唱」カテゴリの記事

コメント

>六花さん

メリーさんの羊は日本語の歌詞はあまりにも有名ですよね。
多摩男声は最高齢者80歳少し手前で、平均年齢70歳位ですが、皆とても若々しく元気です。50代、60代は洟垂れ小僧です。私でも若手組です。この合唱団で若さのパワーを貰っています。

投稿: エムズ | 2012年9月 5日 (水) 17時41分

(ほぼ)男性陣ばかりの合宿、学生気分で楽しかったでしょうね。
メリーさんの羊の原題、初めて知りました(笑)

投稿: 六花 | 2012年9月 5日 (水) 13時29分

>桐華さん

我が家から1時間以内の所で近いのに、こういう施設があることは知りませんでした。緑が多くて景色もよくなかなか良い環境ですね。
大学セミナーハウスなので、主に大学生のゼミ合宿、新入生オリエンテーション、学会、教職員研修等で利用されているようですね。合宿中も女子大生のグループが多かったです。その中で爺さんばかりの集団は若い人にはどういう集団に思われたでしょうね。教授の集まり?まさか(笑)

投稿: エムズ | 2012年9月 5日 (水) 06時23分

合宿お疲れ様でした。
八王子セミナー、なんか見たことあると思ったら、学生時分に、新入生オリエンテーリングで一泊したところでした^^懐かしい…

投稿: 桐華 | 2012年9月 4日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/55579163

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩男声合唱団秋合宿2012:

« パーカッションアンサンブルの饗宴2012夏 | トップページ | やきもののいろは(14) »