« クールプリエール第29回定期演奏会終わりました | トップページ | やきもののいろは(16) »

2012年9月29日 (土)

ラ・フォンテヴェルデ演奏会を聴いてきた

0016

昨日は声楽アンサンブルラ・フォンテヴェルデの定期演奏会を聴きに行ってきた。
~愛と狂気のマドリガーレ~と題して、カルロ・ジェズアルドのマドリガーレばかりの演奏会だった。
ラ・フォンテヴェルデは鈴木美登里氏が主宰し、2002年に結成された日本では数少ない本格的マドリガーレ・アンサンブル。16~17世紀初頭のイタリアのマドリガーレをレパートリーの中心に据え、マドリガーレの本質である「言葉と音楽の融合」を目指して活動している。


0017

演奏曲目リストです。(画像をクリックすると大きくなります、もう一度クリックすると更に拡大されます)

5声のマドリガーレ集1巻から6巻の中から数曲づつ演奏したが、1~3巻の軽快な曲からジェズアルドの特徴ともいえる不協和音と半音階6巻まで、作風の変遷も楽しめたし、7名のメンバーが曲によって編成を変えたり、リュート、チェンバロも交えての演出も良かった。ノンビブラート唱法で各パートの綾と純正調のハーモニーは見事だった。
一つだけ残念だったことは、テナーが曲の始めで音を取り間違えて、歌うのをやめてしまい歌い直した。そのまま歌い続ければ曲を知らなかった人には分からなかったかもしれない。プロでもこんなことがあるのですね。本人は相当落ち込んだに違いないが、別に気にすることは無いと思う。

来年からモンテヴェルディ・マドリガーレ全曲演奏シリーズが始まるのでとても楽しみにしている。

私の所属するクールプリエールでも、来年カルロ・ジェズアルド没後400年ということもあり、ジェズアルド、モンテヴェルディなどのイタリア・マドリガーレが候補に上がっている。

|

« クールプリエール第29回定期演奏会終わりました | トップページ | やきもののいろは(16) »

合唱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/55763291

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォンテヴェルデ演奏会を聴いてきた:

« クールプリエール第29回定期演奏会終わりました | トップページ | やきもののいろは(16) »