« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

やきもののいろは(18)

Img_2898a

前回作った陶箱の外面の処理をして、切断、内面処理をした。


Img_2902a

表面をきれいに仕上げた後、側面をカッターで切り込む。


Img_2903a

切断できた。


Img_2904a

切り口と内面を処理して完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

ゆう桜ヶ丘合唱祭2012

0003a0004b


多磨男声合唱団が通常練習しているゆう桜ヶ丘コミュニティセンターで毎年開催されている「ゆう桜ヶ丘合唱祭」に参加してきた。会場はロビーで客席は50席程と狭いが、2階まで吹き抜けた高い天井で響きはとても良い。参加団体は合唱団6団体、弦楽アンサンブル1団体で各団20分の演奏をした。


Img_2894aImg_2896a


演奏した曲は来年1月の定期演奏会で演奏する曲の「American Songs」中から、「虹の彼方へ」「明日に架ける橋」など6曲を演奏した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

ゼブ雲

昨日渋谷の文化総合センター大和田のさくらホールまで友人の合唱演奏会を聴きに行った帰りに、渋谷駅前の歩道橋を渡っていたら皆立ち止まって空を見上げて、カメラを構えていた。何だろうと思い空を見上げると写真のような光景・・・
私は「ゼブ雲」と名付けました。


Img_2882a_2

Img_2883a_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

秋のバラフェスタ@神代植物公園

Img_2831a

都立神代植物公園で10月13日(土)~28日(日)の期間「秋のバラフェスタ」を開催している。深大寺、神代植物公園へは我が家から歩いて30分程なので、ウォーキングがてら野川沿いを歩いて行ってきた。


Img_2820a

川沿いの遊歩道には赤とんぼが飛んでいて、歩いていると肩に止まったりして秋を実感する。


Img_2823a

深大寺の参道にある「鬼太郎茶屋」は鬼太郎のグッズなどを販売いる。調布市はNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台になったことで、水木しげるが名誉市民ということもあり、調布駅の商店街の「鬼太郎通り」、「妖怪焼き」などがある。


Img_2825a

深大寺山門。参道の両側には深大寺名物の「深大寺蕎麦」の蕎麦屋が多い。


Img_2828a

深大寺本堂。平日だったので参拝客は少なかったが、正月やだるま市が開催の時はものすごい人で賑わう。大晦日の深大寺の除夜の鐘の音が我が家まで良く聞こえる。


Img_2830a

神代植物公園深大寺門の近くの蕎麦屋。「ゲゲゲの女房」のロケ現場にもなった。


Img_2836a

都内最大規模のバラ園。フェスタ開催期間は「バラ園コンサート」「バラ園ライトアップ」など色々なイヴェントを行っている。植物公園の入園料は大人500円だが今年からシニア料金半額で入園できるようになった。


Img_2850a

Img_2841a

Img_2845a

Img_2837a

              秋桜、パンパスグラス、瓢箪


ダリアも綺麗でした。

Img_2870a

Img_2871a

Img_2872a


温室では洋ラン、熱帯スイレンも咲いていました。

Img_2860a

Img_2862a

Img_2865a

Img_2866a

Img_2852a

Img_2855a

Img_2859a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

やきもののいろは(17)

Img_2876a

前回作った6枚の板を組み合わせて箱を組み立てた。


Img_2873a

前回カットした切れ端をみじん切りにし、水に浸し水分を含ませドベを作る。


Img_2874a
Img_2875a

接着部分の接着力を強くする為に竹串でキズをつけ、筆で水を塗りドベをたっぷり塗る。接着部に空気が入らないように、1枚ずつすり合わせるように押さえつける。(ドベがはみ出すくらいがよい)


Img_2877a

撚り土を内側の角、隅すべてに貼り付け、補強する。角に丸みをつけ、余分な粘土はこすり取る。


Img_2878a

                     箱の内側。


Img_2880a

接着部を各方向から、羽子板で叩きながらしっかりと接着をし、形を整える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

やきもののいろは(16)

Img_2811a
Img_2810a

陶芸教室は二週間お休みで、10月から後期が始まり、今日で16回目。前回釉薬を塗ったテストピースの陶板が焼き上がっていた。同じ色を塗ったが白土と赤土では仕上がりの色がだいぶ違う。上が白土で下が赤土。塗り方が下手なので、斑が出来て、仕上がりはあまり良くなかった。汚い色のシマウマになってしまったが、色見本のテストピースとして使うには支障がないだろう。


Img_2807a

今日は前回の続きで陶箱の板をカットし、天板、底板、側板4枚を作り、側板の摺合せ部分を45度にカットするところまで行った。来週からは箱の組み立てを行う。

Img_2808a

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »