« 桐朋学園パーカッションの夕べ2012 | トップページ | jammin'Zeb X'mas Fantasy 2012を聴いてきた »

2012年12月14日 (金)

やきもののいろは(24)

ことし最後の陶芸教室は、焼き上がった陶筒と陶箱の素焼きに釉掛けを行った。

Img_3014aImg_3015a

陶筒はくり抜いた部分をガムテープで塞ぎ、まず内側に黒マットを流し込み釉薬が万遍なく行き渡るように筒をまわしてから、余分の釉薬を零す。乾いてから外側に白鳳マットを柄杓で流し掛けする。乾いてからガムテープを外し、釉薬が掛かって無い部分を筆で塗る。

陶箱は底と胴と蓋の接触部分に撥水剤をぬってから、胴は織部、蓋は桜桃色を釉掛けした。


Img_3020aImg_3017a


|

« 桐朋学園パーカッションの夕べ2012 | トップページ | jammin'Zeb X'mas Fantasy 2012を聴いてきた »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164215/56343804

この記事へのトラックバック一覧です: やきもののいろは(24):

« 桐朋学園パーカッションの夕べ2012 | トップページ | jammin'Zeb X'mas Fantasy 2012を聴いてきた »