« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

府中郷土の森

昨日は確定申告を提出しに武蔵府中税務署まで行ったので、その後府中市郷土の森博物館に行って来た。郷土の森には約60種、1100本の梅の木がある。現在「梅まつり」を開催しているが、今年は連日の寒さの為か開花が遅れており、現在は殆どがまだ蕾の状態だった。見頃は3月上旬頃になるようだ。
郷土の森には復元建物もある。

Img_3357a

旧府中尋常高等小学校
昭和10年に建設された、北多摩随一の規模を誇った木造校舎の一部を復元されている。私が小学生の頃もこのような木造の校舎だった。教室には、昔の教科書などが展示されてある。


Img_3359a

詩人村野四郎記念館
復元された小学校の1階に併設されてある。学校の玄関を入ったところに足踏みオルガンが展示されてある。


Img_3360a

Img_3367a

旧田中家(府中宿の大店)
甲州街道府中宿を代表する商家を復元。明治天皇の兎狩りの際には、休憩所や宿泊所として使われた。


Img_3361a

旧府中町役場
大正10年に竣工した町役場。大正デモクラシーの雰囲気を感じさせる洋風建築だが、裏には和風建築が付属されている。東京都指定文化財。


Img_3362a

旧島田家(島田薬舗)
明治21年創建の蔵造りの薬店。伝統的な工法を再現し、3年がかりで移築された。


Img_3378a

旧府中郵便取扱所
明治初年、府中で最初に郵便取扱所となった旧矢島家住宅。丸い窓口が当時を物語っている。黒い角柱形の郵便ポストも再現されている。


桃の節句が近いので、旧家に残る古い立派な雛飾りが展示されてあった。

Img_3363a

Img_3364a

Img_3365a

Img_3366a


咲いている梅は少なかったが、青空をバックにとてもきれいだった。

Img_3370a

Img_3372a

Img_3376a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

旬鮮和彩Kou@学芸大学

学芸大学で合唱の練習の後、行きつけの飲み屋「兆八」が昨年閉店したので、料理が美味しくて、美味しい日本酒が揃っていて、静かで落ち着けるお店を探していたのたが、駅の近くに三拍子揃ったお店「旬鮮和彩Kou」を見つけた。

Img_3351a

お通しは七輪で出てくる。昨日は鰆、かじきマグロ、ぎんなん。


Img_3352a_3Img_3356a_2

日本酒は獺祭(山口)、東洋美人(山口)、磯自慢(静岡)、醸し人九平次(愛知)、十四代(山形)、など銘酒が揃っていて、日本酒党の私にはとても嬉しい。昨日は全国限定106本という惣邑(山形)、と陸奥八仙(青森)を飲んだ。どちらも初めて飲んだがどちらもとても美味しいお酒だった。


Img_3353a

肴は刺身盛り合わせ、ゴボウチップ。醤油は10種類位の醤油リストの中から、2種類をチョイスできる。刺身は新鮮で身が締まっていて、白身の魚は塩で美味しくいただいた。


Img_3355a

茄子の素揚げと揚げ出し豆腐。出汁が薄味で年寄りに優しい上品な味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

神代植物公園の梅

Img_3304a

神代植物公園の梅が咲き始めた。例年だと1月下旬から咲き始めるのだが、今年は寒さが厳しく開花が遅れているようだ。神代植物公園には72品種約180本の梅の木があるが、今咲いているのはまだ少なく、見頃は3月上旬頃になりそうだ。


Img_3323a


Img_3319a

見頃は過ぎていたが、蝋梅も咲いていた。


Img_3313a

他にはまんさくの花も咲いていた。


Img_3320a


Img_3329a

福寿草


Img_3330a

クリスマスローズも咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

やきもののいろは(29)

Img_3347a

今期最後の制作の蓋付壺の素焼きが上がった。


Img_3348a

壺の底と蓋の受け部分と蓋の裏側に撥水剤を塗り、焼き上がった時に壺本体と蓋が接着しないようにする。釉掛けは蕎麦釉を浸し掛けした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

TONESマリンバコンサート@丸の内オアゾ

Img_3271a

2月13日、丸の内オアゾ1階〇〇広場で開催されたマリンバ・パーカッショングループTONESのバレンタインコンサートを聴きに行って来た。


Img_3277a

平日の18時半より約45分間の演奏だったが、吹き抜けの会場に響き渡るマリンバの音色に、会社帰りのサラリーマン、OLが足を止めて聴き入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

ミマスウィーツ セレブの集い

Img_3255a

2月9日はカミサンの誕生日。今年も義姉から「ミマスウィーツ セレブの集い」という綺麗な花が届いた。    


Img_3259a

Img_3256a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

野川のカワセミ

国分寺の日立製作所中央研究所の池を源に、府中自動車試験場、深大寺付近を経由して、我が家の近くを通り、二子玉川で多摩川に合流するまでの約20㎞の野川にはカワセミが生息している。野川沿いの遊歩道をウォーキングしていて、カワセミを見つけた。

Img_3228a

Img_3232a

Img_3237a

Img_3240a

Img_3241a

Img_3243a

Img_3244a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

やきもののいろは(28)

Img_3226a

今期最後の課題、蓋付の壺を仕上げた。次回は釉掛け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

まんさくの花

Mansaku

1月に多摩男声合唱団の演奏会で丸山薫氏の詩に多田武彦氏が曲を付けた、男声合唱組曲「北国」を演奏した。組曲の中の1曲に「まんさくの花」がある。

  ♪まんさくの花が咲いた と
   子供達が手折って 持ってくる
   まんさくの花は淡黄色の粒々した
   眼にも見分けがたい花だけれど

東北ではまだ雪が山に残っている頃、雪をはらいのけながら小さい黄色の花をつけ、「先んず咲く花」として春の到来を告げてくれる。可憐な花はよほど気を付けて見ないと見落としがちだが、豊年満作にも通じる縁起の良い名前地元では愛されている花である。


Img_3222a_2

秋田県横手市の元禄二年創業の日の丸醸造という酒蔵があり、「まんさくの花」というお酒がある。近所の酒屋で見つけたので、まんさくの花の純米吟醸買ってきた。長期低温熟成により程よい吟醸香と円やかな味わいでとても美味しかった。


Img_3220a_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

ちょうふ市民カレッジ展

Img_3223a

平成24年度調布市民カレッジ受講者の作品展が、市民文化会館たづくり2階の北ギャラリーで2月9日で開催されている。作品は陶芸、植物画、デッサンなど。


Img_3218a

私も2点出品した。今日観に行って来たが、素晴らしい作品の中で自分の作品だけが見劣りしていてた。来年はもっと良い作品を出品できるように精進しなくては・・・


Img_3217a

小野坂睦先生の作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

宮田 大 銀座ぶらっとコンサート

0007

昨日は銀座の王子ホールへ宮田大さんのチェロコンサートを聴きに行ってきた。宮田大さんは小澤征爾指揮、水戸室内管弦楽団の演奏会でチェロ協奏曲を演奏したり、テレビにも出演が多く、現在最も注目されている若手チェリストなので、最近はコンサートのチケットも発売即完売で入手が困難になっている。今回のコンサートも平日の昼間のコンサートにも拘わらずチケット入手出来なかったが、運よくキャンセル待ちで聴くことが出来た。


0006a

ピアノはファーストアルバム「FIRST」のピアノを演奏している柳谷良輔さん、語りとバリトンの晴雅彦さんと豪華メンバーの競演で、素晴らしい演奏を堪能できた。


0004

演奏曲はバッハ無伴奏チェロ組曲第1番「プレリュード」、フォーレ「エレジー」、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」など8~9曲、晴さんの各作曲家に扮してのユーモアある解説もとても楽しかったし、「魔笛」のパパゲーノのバリトンなどの素晴らしい歌も聴くことができた。

Img_3207a

Img_3204a

協賛のヨックモックのお茶とお菓子のサービスが開演前と終演後にあり、バレンタイン特別サービスとして、 HENRI LE ROUXのチョコレートのサービスまでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

江戸東京たてもの園

0001a

20年位前までは、「武蔵野郷土館」で、原始、古代から近現代にいたる武蔵野の生い立ちをテーマした博物館であった。屋外には竪穴式住居などの再現など展示されていた。
1993年からは江戸東京博物館の分館として敷地面積7ヘクタールを擁する「江戸東京たてもの園」を建設し、歴史的建造物を移築し、復元、保存、展示されてある。


Img_3178a

<田園調布の家> 大正14年田園調布に建てられた住宅で、当時としては珍しく全室洋間となっている。屋根が瓦葺の和洋折衷な建物。


Img_3179a

<常盤台写真場> 昭和12年、常盤台に建てられた写真館。


Img_3181a

<ボンネットバス> 子供の頃乗った記憶がある。


Img_3182a

<都電> 子供の頃は東京は主要道路に路面電車の路線が沢山あり、交通手段として欠かせなかった。現在は地下鉄に変わっている。この車両は渋谷から新橋まで走っていた。


Img_3184a

<三省堂(文具店)と花市生花店> 三省堂は明治初期に創業した文具店で、震災後建てられた。前面がタイル貼りになっている。花市生花店は昭和初期に建てられた。


Img_3185a

<大和屋本店(乾物屋)> 昭和初期に建てられた木造3階建ての商店。


Img_3186a

<小寺醤油店> 大正期から味噌、醤油、酒類を売っていた。


Img_3187a

<万徳旅館> 青梅市の青梅街道沿いにあった旅館。


Img_3192a

<子宝湯> 東京にはこのような建築の銭湯がたくさんあった。東京では風呂屋とか湯屋と言っていた。


Img_3188a

<脱衣場> 竹で編んだ脱衣籠があった。


Img_3189a

<番台> 男湯と女湯の境目の番台。テレビドラマ「時間ですよ」で風呂屋のおかみさん役の森光子さんが番台に座っていたシーンを思い出す。


Img_3190a

<富士山の絵> 何故か風呂屋の壁には富士山の絵が描かれてあった。


Img_3193a

<鍵屋(居酒屋)> 台東区下谷にあった居酒屋。


Img_3195a

<鍵屋内部> 若い頃、こんな居酒屋で酒をのんだ記憶がある。コの字型にカウンターがあり、真ん中に女将が座って、安酒の燗酒をつける姿が目に浮かぶ。


Img_3197a

<建物の裏路地> こんな景色もあった。懐かしい光景。子供の頃こんな路地裏でめんこやベーゴマをして遊んだ。


Img_3199a

<万世橋交番> 派出所といえばこんな感じだった。そういえば万世橋の脇にこの交番があったような記憶がある。


Img_3200a

<高橋是清邸> 赤坂にあった是清の豪邸。庭園の一部も復元されてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »