カテゴリー「小ネタ」の3件の記事

2012年10月14日 (日)

ゼブ雲

昨日渋谷の文化総合センター大和田のさくらホールまで友人の合唱演奏会を聴きに行った帰りに、渋谷駅前の歩道橋を渡っていたら皆立ち止まって空を見上げて、カメラを構えていた。何だろうと思い空を見上げると写真のような光景・・・
私は「ゼブ雲」と名付けました。


Img_2882a_2

Img_2883a_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

「剣の舞」世界最速の演奏?

YouTubeにこんなのがあった。指揮者はなんと小澤さんではないか!!! 演奏時間1分35秒3 
映像は指揮者が正面から写っているし、シロフォン、サックス、バイオリンなどの演奏する手元をアップで写しているので、カメラ何台も使ったプロの撮影だと思う。
このテンポでの演奏は如何なものかとも思うが、まさか早回しではないだろうし、ギネスに挑戦したわけでもないだろう。しかし一糸乱れぬ演奏の技術はたいしたものだ。

しかし、小澤さんがこんなふざけた演奏をするわけがないと疑問に思い、映像を良く見ると、指揮をしている手の動きがおかしい。これは、早回しの映像ではないかと確信。

やっぱりそうだった。本物の映像があった。

演奏時間2分24秒。 
1.5倍速に早回ししてあった。それにしてもこんなバカな動画を投稿する奴がいるとは・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

長寿の心得

昨日のグリークラブ同期会に<長寿の心得>なるものを誰かが持ってきた。なかなか趣のある人生訓なので、紹介いたします。


Choju_kokoroe

~人生は山坂多い旅の道~

「気はながく 心はまるく 腹立てず 口をつつしめば 命ながらえる」

そうありたいと思っていても、なかなか実践できないですね。まだまだ修行が足りない私です。

参考までに、還暦から白寿までの由来は;

還暦(かんれき)
干支が60年後に出生時の干支に還って(かえって)くるので

古希(こき)
「人生七十、古来稀なり」の詩(杜甫「曲江」)より

喜寿(きじゅ)
「喜」の草体が七十七のように見えるため

傘寿(さんじゅ)
「傘」の略字(仐)が八十と分解できるため

米寿(べいじゅ)
「米」の字が八十八と分解できるため

卒寿(そつじゅ)
「卒」の略字(卆)が九十と分解できるため

白寿(はくじゅ)
「百」の字から一をとると白になる事から

| | コメント (0) | トラックバック (0)