カテゴリー「グルメ・クッキング」の18件の記事

2014年12月31日 (水)

今年もおせち作りました

毎年恒例のおせち作り、私の担当は黒豆、白豆、栗きんとん、田作り、伊達巻。

21

78

豆は柔らかく炊けました。

4

伊達巻は今年も表面がきれいに焼けませんでした。銅のフライパンじゃないとダメかな?

56

他には栗きんとんと田作りをつくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

おせち作り

今年も恒例のおせちを作りました。白豆、黒豆、伊達巻、田作り、栗きんとんの5品。あとはお重に詰めるだけ。

Img_4548a
Img_4549a
Img_4550a
Img_4551a
Img_4552a

今年もあと数時間。今年一年間拙いブログにお越しいただきありがとうございました。
皆様にとって、新しい年がすばらしい年になることをお祈りいたします。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

エムズ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

カレーの店「ナイアガラ」

Img_3645a

東横線祐天寺駅の近くにあった名物カレー屋さん。とても美味しいので合唱の練習の前にたまに寄っていたお店だったが、無くなってしまったのでどうしたのかな、と思っていた。今日練習場に行く途中中目黒から祐天寺に向かって歩いていたら、住宅地の一角に偶然お店を見つけた。人通りの少ない目立たない所に移転していた。何が名物かというと、このお店鉄道ファンにはたまらない。店のショウウィンドウにSL「デコイチ」プレート、入口の脇には踏切の警報器などが置かれてある。

Img_3646a_3

店の入り口のドアはブルートレインの本物のドアが設置されていてる拘りようである。迷わずお店に入った。

Img_3642a

Img_3644a

店内には、ホウロウ製の駅名板、SLのプレート、客車の天井にあった扇風機、網棚、など鉄道コレクションでいっぱい!座席も客車の本物のボックスシートを使っている。移転前のお店と変わらないが、以前のお店よりだいぶ狭くなっていた。4人掛けのボックス席が3つとカウンター3席の15席程になっていた。

Img_3643a

注文したカレーはSL模型が運んでくるところも、以前のお店と変わっていなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

今年もお節作りました

今年も毎年恒例のおせち作りを昨日の午後から始めました。
私の担当は黒豆、白豆、栗きんとん、田作り(ごまめ)、伊達巻、数の子。


Img_4171a
黒豆はいつも贅沢に丹波篠山の大粒を使用。黒豆250gに対して、砂糖200g、薄口醤油大さじ2、塩小さじ1、重曹小さじ1。煮立てた水8カップ(1600cc)に調味料を入れて煮汁を作り豆を入れ、シャトルシェフで一昼夜置く。翌日強火にかけ、煮立ったらアクを取り、落とし蓋をして極弱火で約5時間煮る。煮汁が少なくなったら火を止めて、一昼夜置いて味を含ませて出来上がり。

Img_4163a
白豆は北海道産の大粒を使用。白豆300gに対して、砂糖200g、塩小さじ1。豆を洗って湯に漬けて3~4時間吸水させる。その後強火で沸騰させ、あく抜きのため、お湯を半分位捨て、豆がかぶる程度に水を加え再度沸騰させる。その後落とし蓋をして極弱火で豆が柔らかくなるまで煮る。柔らかくなったら砂糖を3回位に分けて加えて出来上がり。

Img_4166a
栗きんとんは、さつま芋の皮をむいて適当に切り、くちなしの実を入れて柔らかくなるまで茹でる。茹で上がったら、裏ごし。砂糖、塩、栗の甘露煮のシロップ、裏ごししたさつま芋を入れ、弱火で良く練る。程よく練りあがったら、栗を入れて出来上がり。

黒豆、白豆、栗きんとんの三点セットは甘いもの好きの女房には不可欠。

Img_4173a
田作り(4ごまめ)は40~50gに対して、砂糖大さじ2、醤油大さじ0.3、酒大さじ1、水大さじ0.5。かたくちイワシをフライパンで中火で焦げないように、パリパリになるまで煎る。煎り上がったらお皿に移し粗熱を取っておく。次に調味料をフライパンで熱し飴状になったら火を止め、魚を入れ素早く絡める。白ごまをたっぷりふりかけ、皿に移し冷める前に魚がくっつかないように広げて置く。

私の好物。正月は酒の肴に田作りは欠かせません。

Img_2024
伊達巻は毎年はんぺんを使っていますが、今年はリッチにエビを使ってみました。材料は卵3個、むき海老75g、砂糖50g、みりん小さじ1.5、酒大さじ1、塩ひとつまみ。エビをフードプロセッサーで良くすりつぶした後、調味料を加えさらによく混ぜる。すり身をボールに移しよく溶いた卵と混ぜる。(卵は泡たてないほうがよい)あとは卵焼き器で卵焼きを作る要領で、蓋をして中火で5~6分、表面が固まり底がきつね色になったらひっくり返して3~5分焼く。暖かいうちに巻きすで、巻き、輪ゴムでとめて粗熱がとれるまで置く。冷めたら冷蔵庫で保存する。

Img_2027

Img_2023
焼きむらが出来て見た目は上手く出来なかった。

Img_2028
切り口の色も良くなかったが、味はなかなか・・・・

Img_2022
数の子は塩一昼夜塩抜きした後、薄皮を剥く。

Img_2025
良く水洗いして水を切る。水、酒、みりん、しょうゆ、塩ひとつまみを鍋に入れ、酒とみりんのアルコールを飛ばしてから削り鰹節を入れ出し汁を作る。

Img_2026

出し汁が冷めたら数の子を浸して、冷蔵庫で一晩置く。


これで私の担当のおせち作りは一通り終わりました。

今年も残すところあと数時間となりました。大震災、原発事故などがあり、また、不況が続き私たちの生活を脅かす不安な一年でしたが、健康でなんとか年越しを迎えることができました。来年も厳しい年になると思いますが、皆様にとっても健康で明るい一年になることをお祈りいたします。
拙いブログにお付き合いいただありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

どうぞ良いお年をお迎えください。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

激辛レトルトカレー

Img_1985

Img_1986


「カレーは辛くないとカレーじゃない!」と思っていて、インドカレーを食べに行っても、辛さはVery Hot をいつも注文している。市販のレトルトカレーの辛さは殆ど中辛で、辛口好みの私にはちょっと物足りなく、もっと辛いのはないかと思っていたら、先日近くのスーパーで、グリコビーフカレーLEEの辛さ×20倍というのがあったので買って食べてみたらこれが汗が噴き出るほどの辛さ。LEEには辛さ×5倍、10倍、20倍、30倍、さらに辛さ増強ソースを加えると45倍になるのがある。20倍でも相当辛く私でも限界かな。30倍、45倍はどんな辛さなのか・・・・ ちょっと食べる気にならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

釣りたて新鮮鰤(ぶり)と大吟醸酒

Img_1677_800x600

三島から即日便でクール宅急便が届いた。
開けてみると鰤(ぶり)が二柵入っていた。
三島の姪の釣り好きの婿さんが釣ってきた新鮮な鰤で、身がピンク色でとても美味しそう。
普段東京のスーパーでは美味しい刺身を食することができないので、
釣りたての新鮮な魚を送って戴いて、魚好きの私にはうれしい贈り物。

Img_1682_800x600

早速夕食に刺身でいただいた。脂が乗っていて身が柔らかく口に入れるととろけるような触感で、甘みがあってとても美味しかった。(味覚を文章で表現するのは難しい)

Img_1645_600x800

普段は酒が主役で肴は脇役なので、マッタリ系のお酒を飲むことが多いけれど、
魚が主役なので味を損ねないよう退職の時に頂いたさっぱり系の越乃景虎大吟醸酒でいただいた。

Img_1683_800x600

翌日のお昼には漬け丼にしていただいた。とても美味しかったです。
マサヒロさん、ユキちゃんありがとう。また美味しい魚楽しみにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

駿河湾の「ムギイカ」が届いた

Img_4431a
.
釣り好きの三島の姪のご主人が、いつも釣りたての新鮮な美味しい魚を送ってくれます。
今日は、昨日の夜駿河湾で釣った「ムギイカ」を宅急便で送ってくれました。
.
Img_4436a
.
早速今日の夕飯は刺身にして、ワタを醤油に溶いていただきました。
透けるほど透明で口の中でとろけるほど身もげそもとても柔らかく、日本酒の肴には最高でした。
昔、函館で食べたイカそうめん以来の美味しいイカでした。
明日は塩辛をを作ってみようと思います。

Mさん、Yちゃんいつも美味しいお魚ありがとうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

行列のできるドーナッツ店

行列のできるドーナッツ店といえば最近人気のク〇〇ビー・ドーナッツ。
いつ行っても長蛇の行列で1時間は当たり前のようだ。なんでそんなにまでして食べたいのか私にはわかりません。以前カミサンが買ってきたので一度食べてみましたが、カミサンは美味しいと言っていたが私はミ〇ドと大差ないなと思いました。
.

.Img_4248a
Img_4250a_3 もうひとつ行列のできる「はらドーナッツ」http://haradonuts.jp/
神戸の老舗豆腐店の豆乳とおからで作ったドーナッツで、最近東京、神奈川にも進出してきて、吉祥寺、阿佐ヶ谷、下北沢、青葉台、茅ヶ崎に店舗ができ行列ができるほど人気らしい。昨日カミサンが買ってきたので食べてみましたが、昔ながらのシンプルな形で甘ったるくなくとても美味しかった。
国産の小麦の薄力粉と全粒粉、三温糖、赤卵、こだわりのベーキングパウダーなど素材にも拘っているようです。
種類もプレーン、黒豆きなこ、など何種類かありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

今年もおせち作りました

おせち作りを昨日の午後から始めました。
今年も黒豆、白花豆、栗きんとん、田作り(ごまめ)、伊達巻を作りました。
.
Img_4171a
.
Img_4163a
.
Img_4166a
.
Img_4173a
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊達巻は玉子焼き器に油を引く量が少なかったので、焦げ付いて失敗して、見た目は良くありませんので、写真は載せませんが味は大丈夫でした。

これからお重に詰めてからゆっくりと年越ししようと思います。
今日はテレビ神奈川(TVK)のカウントダウンライブにジャミン・ゼブが生出演するので、それを見ながら新年を向えようと思っています。今年もあと7時間余りになりました。では、皆様良い年をお迎えください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

えぼし本店

Img_4016a
.
演奏会の後は「えぼし本店」で夕食。
茅ヶ崎の「えぼし」はその日に採れた新鮮な地魚が食べられるお店で、メニューも豊富でどれも美味しいし日本酒の種類もたくさん揃っている。人気のお店なのですぐ満員になってしまうが、待ってでも行きたいお店だ。
祝祭日は16時半開店で昨日は17時頃にいったが、すでに席は半分くらい埋まっていた。18時頃にはほぼ満席状態であった。
.
Img_4013a
.
店内の様子。カウンター席の前のお酒と肴のメニューがずらり。
.
Img_4012a
.
金目鯛の刺身と牡蠣と茸の味噌焼き。
金目はとても新鮮で身が絞まって美味しかった。牡蠣は雲丹が添えられていて、日本酒の肴にはぴったりの逸品。
.
Img_4014a
.
活タコの刺身。とても柔らかかった。
.
Img_4015a
.
白身の地魚のにぎり寿司。塩でさっぱりといただくのが美味しい。
飲んだ日本酒は神奈川の地酒「丹沢」純米吟醸ひやおろしと「浦霞」純米吟醸ひやおろし。
.
Img_4018a
.
茅ヶ崎といえば桑田佳祐、サザン・オールスターズゆかりの地だけあって、「サザン通り商店街」のようにサザンの名があちこちに溢れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)